2016年12月21日

週刊オーディンスポーツZ:Vol.305

■社説

後期総括が終わり、四年生は引退となる。
オーディンの主将としての生活を終える。

厳しい道のりではあったが、なんとか乗り越えることが出来た。
リーグ中、一人でいるとプレッシャーに押しつぶされそうになったこともあった。

でも、部室で皆の姿を見ると元気をもらえた。

無邪気な一年生の笑顔やいつも騒がしい二年生や頼もしい三年生をみると今日もやってやると思えた。

時には、辛いこともあったが、全て最後に良い結果で終わるためだと、勝つための試練なんだと常にポジティブに考えてきた。

結果、目標を達成した。

これは、一戦一戦勝つための準備をし、緊張感を保ち、気持ちを切らさなかったからであろう。
一人では絶対できない。誰かが誰かの支えになっていたからできたことであろう。
プレイの上手い下手、上級生下級生限らず一人一人が目には見えない大きな力をもっている。

勝つためには仲間の存在は欠かせない。
仲間がいなければ、勝てない。

その仲間達と高め合いながら強くなっていってほしい。

今シーズン3勝はしたが、2敗した。

この2敗に目を向けられていた総括になっていたと思う。

各部署で多くの課題があった。課題を解決し、各部署の目標や理想像を追い求めて達成してはじめて、高いステージに進めるのだろう。

卒業するまではやれることが山ほどある。

自身の活動にも、後輩の指導にも明確な目標をもって取り組んでいく。

来年も残る現役と共に新たな目標に向かって歩んでいきたい。

※ご意見ご感想はこちら
odin_jimukyoku@yahoo.co.jp


■組織力のツープラトンで勝負「ディフェンス・オフェンスリーダーより」

<ディフェンスリーダー:小島隼>

今シーズンも終わり、日々卒論に追われています。
シーズンのはじめは、こんな感じの自分がディフェンスリーダーとしてやっていけるのかと、不安に感じることもありましたが、ディフェンス幹部やチームの人々に支えられ、シーズンを無事に終えることができました。

思い返すと、目標は達成したと言っても、システムの精度やフィジカルなど、足りないことの方が多かったように感じます。

これらは簡単に身につくものではありません。来年は春から、しっかりとシステム、フィジカルが身につくような取り組みを春からじっくりとしていってほしいと思います。

最後に、自分はこの現役という言葉があまり好きではありませんが、自分はもう現役ではないので、現役のサポートを現役の練習に入るなどして、していきたいと思います。

今シーズンも応援ありがとうございました。


<オフェンスリーダー:天野雅英>

先日Big8と2部の入れ替え戦を見に行った。
1試合目は日本体育大学対東京大学。

授業の関係で試合終了間際に到着したのだが、アウェー側の東大観客席は席が全くないぐらい埋まっていた。
何人かのOBからなる応援団が熱心に観客を巻き込みながら応援していてその規模は凄まじかった。

2試合目の明治大学対横浜国立大学も多くの観客で賑わっていた。
私は横国を応援していたのだが、試合に対する姿勢も格上と戦うための準備も全てが勉強になった。
しかし、最後の最後に事件は起きた。

横国選手が涙を流しながら観客に挨拶をしている時、なんと次の試合の某O大学がフィールドに入ってきたのだ。
見ている観客は皆、興ざめで引いていた。
私の隣で見ていた某ストレングスコーチは

「あんなチームが甲子園ボウル出ても絶対見に行かない。」

と呟いていた。

O大学は何年かかけて日本一になるという目標があり、今の私の学年からリクルートに力を入れ人を集めているそうだ。
コーチ陣も有名な方ばかりで一昨年は2部で下位争いをしていたのに、わずか2年でBig8に挑戦する権利を得たチームだ。

結果、O大学の圧勝でBig8に昇格したのだがなんだが見ていて複雑な気持ちになった。
満員になったスタンドは大学が借り出してきた野球部員がほとんどでその席を取るために多くの人が移動させられていた。
興味の無い人間がほとんどだからか、ずっとスマホをいじっていたり、寝ていたりする人間もいた。


勝つためにも、チームを大きくするためにも観客の存在はとても重要だが、集める過程も大事なことであると実感した。
小さな礼儀を大事にしていたり、規律がしっかりとあったり、またそれとは別に魅力的なフットボールをしていないと本当に愛を持って応援に来てくれる観客はつくれないのだと感じた。

今のOdinは幸せなことにチームに愛を持って応援してくれる人が圧倒的に多いと思う。
そういう方々をガッカリさせたり、ないがしろにしてしまったりするチームにはなってはいけない。

フットボールの勉強をしに見に行った試合が、そんな事を学ばせてくれる結果となった。


■「笑」顔の奥の鋭い視線、スタッフリーダー田村の「今週のオーディンニュース」

12月11日に行われた後期総括をもって、今シーズンを終えました。

私自身の話になりますが、私は1、2年生の頃「もっとこうした方がいいのに」「何故こうしないのだろうか」など、疑問に思うことがたくさんありました。
今の下級生もそう思うことがあると思います。

そんなときは、自分で考えているだけではなく、どんどん聞いてほしいなと思います。
わからないことはそのままにしないで聞こう、とよく言いますが、それはプレーのことだけでなく、チーム運営にも言えることです。

来シーズン、みんな、どんなチームにしたいのかな?
私はもう引退してしまいますが、またみんなに会いたいと思えるようような、あったかいチームでいてほしいです。

今シーズン、応援、ご協力していただいた方々には大変感謝しております。
来シーズンもオーディンをよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。


■チーム愛から伝説へ、國兼のリクル&教育

4年DLの國兼です。最後の投稿でリクルとは関係ない話をしたい。

忘れられない11月29日になった。

悲願の3部3勝。

望月が毎日、「こんなんじゃ勝てない」「絶対に勝って終わるぞ」と鼓舞していたことが現実になった。

主将を務めた望月雄斗は同じ体育専修の友達であり、チームメイトだ。1年の時は自己中と天然の塊でどうしようもない奴だった。

学年を経るごとに多くを吸収して成長していく望月を見ていると眩しかった。

主将になり、ハドルで毎回暑苦しいことを言う。
私なら恥ずかしくて言えない。
そんな恥ずかしくて、大きくて、暑苦しいセリフを言える雄斗をいつも「こいつすげえな。」と思っていた。でもそんなこと言うとこっちが恥ずかしいので「うるせえ馬鹿」しか言ったことがない。

そして、雄斗はそのセリフを実現した。
勿論、チーム全員で成し遂げたことだが、私は彼がいなかったら達成することができなかったと思う。

昔、胸ぐら掴んで喧嘩したことがある。どっちが上手いかで。ポジションも違うのに(笑)

こんな風に雄斗を褒めると喧嘩に負けた気分だ。

私は今シーズン、チームで望月雄斗を一番尊敬している。


■徒然後記

オーディンは最終節の城西大学戦に勝利して、悲願の三部三勝を成し遂げた。今年のチームの取り組みが、ある1つの形となってでた成果でありとても嬉しく思う。
そして来シーズンへの引き継ぎが早くも始まっている。

「遺産を残す。」去年の副将だった宮崎さんが、チームの旗に書いた言葉である。チームというものは今までの先輩方の努力の上で成り立っているものである。

今年授かったチームを発展させて次代へと繋いでいく必要がある。
それは、今年のチームの遺産を残すということである。
今年三部三勝したからといって全ての取り組みが成功したわけではない。
負の遺産という言い方が正しいかはわからないが、チームの取り組みとして失敗したものもある。
それらも伝えていって、来シーズンが今年よりも良いものになるように準備して行きたいと思う。

今シーズン応援ありがとうございました。
来シーズンもよろしくお願いします。

<文学部日本語日本文学科二年:岩立圭市>


「未来に向かってファーストダウン!」
オーディンは、未来を創るフットボールチームです。
来週もオースポZでお会いしましょう!
posted by 週刊オーディンスポーツF編集長 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

週刊オーディンスポーツZ:Vol.304

■社説
2ヶ月半に渡るリーグが終わった。

悲願の3部3勝をすることができた。

これで、来年2部昇格を目指せるところまできた。

私は、最初に掲げた目標を達成できたことが本当に嬉しいと同時に、目標達成を目指す上で
「最終戦の後、全員が笑顔で終わるため」
「チームを今まで築いてきた方々の想いを形にするため」

ということを現役のみんなと考えてきた。
夢見てやってきたことが現実のものとなり、本当に嬉しい。

全員がそのことを想い、やってこれたから成果につながった。

しかし、半面現役のみんなには、苦労をかけてしまったなと我慢をさせてしまったなという想いもある。

個々人で自然に生まれる感情を我慢させることが多かった。

疲れて声が出せない仲間に「辛い時に頑張るんだ。もっと頑張ろう。」

リーグの最後に感傷的になってはいけない。

など、我慢させることが多かった。

そんなことをいう私を嫌な顔せず最後までハドルで顔を上げてみて、聞いてくれ体現してくれた現役みんなにありがとうと伝えたい。

結果よければ全てよしではない。

その過程で、
悩み休部してしまったもの。
辞めようと考えている人がいるのも事実だ。

そう考えてしまっているのは、想いを聞かなかった自分のせいである。

勝ちよりも大切なのは仲間だ。

仲間がいなければ、勝てない。
仲間は財産である。

残りの期間で、来シーズンの始まりに向けて準備をするとともに仲間の想いを聞いていこうと思う。

今シーズン、チームを支えてくださったOBOGの皆様,保護者様、地域の皆様、友人、関わって下さった方々、本当にありがとうございました。

来シーズンも文教大学オーディンをもよろしくお願い致します。

そして、これからは自分を成長させてくれたオーディンに恩返しをする番です。

出来ることを全力でしていきます。

※ご意見ご感想はこちら
odin_jimukyoku@yahoo.co.jp


■小さい体に大きな器、望月優斗プレゼンツ「今週の主将賞」


今週の主将賞「沖村亮太」

今シーズン怪我に泣いた副将の三年生である。
7月末からリーグの最終戦前までサイドにいた。
ずっと我慢してきた。
辛くても表に出さないように努力していた。

2年までの亮太にはなかったものである。

その姿を長期間怪我をしていた星、山内、高橋、相澤、星野の支えになっていただろう。

亮太さんを見習わなきゃと思っていたはずだ。

サイドから出来ることを全力でやってきた。
リハビリ、筋トレ、アドバイスや鼓舞、出来ることを見つけ、貢献してくれた。

亮太の励ましに天野を始めオフェンスメンツは、大分助けられた。

自分の感情を堪え、チームのために働き掛ける姿勢には見るものをより頑張らせた。

そして、我慢した甲斐あって出場した最終戦。

1プレイ目のアウトオブバウンズしたパスキャッチから存在感を見せつけた。

オフェンスのメンツはそれを見て、亮太がいればとってくれると思ったであろう。

しかし、そのおかげで窪田には一回しかパスが放られなかった。
ひたすらブロックをしてくれた。
ありがとう。

亮太は背中で語ることが出来る。
自らの行動で周りに影響を与えることが出来る。

これからは、四年としてチームを引っ張っていかなければならない。

どんな状況でもどんなに辛くてもやらなければならない。

努力は人一倍、いや二倍できる。
忍耐も自分の怪我を経てできるようになった。
あとはどれだけ、チームのために自己犠牲が出来るかである。
面倒くさがりな彼のこれからの課題であろう。

これからに期待である。

強い・勝つチームを目指してより頑張ってほしい。

まだまだ成長を期待させる沖村を今週の主将賞とする。


※ 「君は君らしく」沖村亮太のプロフィールはこちら
http://bu-odin.com/roster-sm.html#22


■組織力のツープラトンで勝負「ディフェンス・オフェンスリーダーより」

<ディフェンスリーダー:小島隼>

最終戦が終わりました。

最終戦が終わって何日か経ち、大学生アメフトが終わってしまったのだとという実感がわいてきました。。

私は一年生の時から、大学でのフットボールが終わったら、本当に自分のアメフトは終わりかもしれないと考えていました。
私が一年生でリーグ戦が終わって何日後かに自主練をしに3グラに行った時、当時4年生だったポポさん(黒澤さん)が黙々と自分の防具を片付けていたのを見て、あ、引退してしまうんだ。と思ったのを覚えています。
引退はどんな形であっても、ちょっと寂しいものです。

私は高校からアメフトをやっていました。
高校アメフトは大学とは違い、リーグ戦ではなく、トーナメント戦のため、終わりは突然やってきます。
負けたら、そこで引退でした。

逆にいうと、高校はトーナメント戦のため勝ち上がっていくことができれば全国制覇を成し遂げことのできるチャンスがありました。
それは、高校アメフトは優勝した1チーム以外笑って終われるチームはないと言うことです。

私の高校のチームは秋大会シードだったため2戦目で負けてしまいました。
私はなんとなく自分たちのチームは強いし、関東大会まではいけるだろうと考えていました。
しかし負けてしまいました。
その時はあまりにも突然のことで悔しいと言うより、「え?ここで終わり?本当に??」と残り2min、3ポゼッション差の中試合をしていました。
そこから何日間もあの時こうしていれば、と何回も最後の試合を思い出してはボーっとしていたのを覚えています。

2013年に文教のアメフト部に入り、2016年11/27に自分の学生フットボール最後の試合が終わりました。
大学アメフトはリーグ戦のため、終わりの日が決まっていました。
勝っても負けてもその日で終わりです。

また今シーズンはチームの目標を達成することができました。
私は試合が終了の笛が鳴り、QB#6星やオフェンスの人たちがサイドに戻ってきて全員で整列していた時、私は心の中で「わりとなにも後悔はないんじゃないか?いい終わり方じゃん!きた!」と思っていました。

しかし試合が終わって試合反省をしてみると自分のミスでゲインされているプレーや、自分のブロックミスしたプレイヤーがタックルしているなど、悔いの残るプレーばかりでした。
またこのようなプレーを次の試合で挽回することができないと言うのも悔しいです。
そして、このメンバーでもう試合ができないと言うのが一番残念です。
もっと試合や練習、アフターしたかったです。ちょっと寂しく思います。

最後に、今シーズンディフェンスの後輩はとてもみんな成長したと思います!
この後輩たちのおかげでリーグ戦戦い抜くことができました!
DLでは#79岩立がパスラッシュで何度もQBへプレッシャーをかけてくれました。
#56後藤は1stくらい強い控えとして、いつでも任せることができました。
#60幸太郎はまだ成長途中ですが、筋トレをして強くなってくれると思います。

LBでは#52のゆうたが去年の4年生が2人抜けた穴を完全にカバーし、守備範囲がとても広くなりました。
#3ヒデはヒットが強く、#51ヤスはパスカバーが良いです。
この2人もリーグ戦を通してどんどん上手くなりました。

DBは#23ゆかいの堅実なプレーでそっちサイドへのロングゲインはほとんどありませんでした。
#7、#27はパスカバーもタックルも自分よりもぜんぜん上手くなりました。
#8はまだまだ苦手なパスコースはありますが、足が早く奥へのコースはほぼカバーできていました。
とても上からのコメントになってしまいましたが、今年は頼もしい後輩に支えられた一年でした。

次は自分がOBとして支える側になれたらと思います。夜中に長々と書いてしまいました。これで失礼します。


<オフェンスリーダー:天野雅英>

最終戦を勝利し、Odin史上初の三部三勝を達成することができた。

この1年間、これまでにないほど様々な経験をすることができた。
私はこれまでのオフェンスに多少不満もあり、Odin史上最も優れたオフェンスを作りたい、その一心で取り組んできた。

しかし、その思いは空回りすることが多かった。
プレーがうまくいかない気持ちや自分自身への不甲斐なさへの苛立ちは言葉や行動にすべて表れていた。
チームメイトへの指摘は頭ごなしに叱るのみで、この人にもっとうまくなってもらいたい、という思いはもはや失われていた。

こんな未熟者で足りないものだらけの自分がリーダーでいることができたのは4年生のおかげであった。

今年のオフェンスの4年生は静かな人が多い。
でも、全員が確かな熱意を持っていて、いざプレーが始まると人が変わったように取り組んでいる姿にはいつも驚かされた。
もし、1人でも4年生が欠けていたら三部三勝は成し遂げられなかったとすら思う。

そんな先輩方が自分を支えて続けてくれた。
どんなときも自分を認め続けてくれた。
だから、自分は自信をもってやりたいことをやり続けることができた。
この4年生があのメンバーでなければ今の三部三勝も自分もいなかったであろう。

最終戦、勝利とは別に4年生に思いが伝わるような試合にしたいと個人的に考えていた。
これは、雄斗さんの考えに反していることだが、考えずにはいられなかった。
でも、その思いは叶わなかった。
これが本当に悔しい。
おそらく4年生も三部三勝を達成したが、どこかに確実に悔しい気持ちがあると思う。
あれだけお世話になっていながら、結局自分は4年生に何も恩返しはすることができなかった。

この悔しさはどうしたらいいのかわからない。結局、今年も後悔を残したまま終えてしまった。


■「笑」顔の奥の鋭い視線、スタッフリーダー田村の「今週のオーディンニュース」

11月27日日曜日、文教大学にて城西大学戦が行われました。結果は24対6で勝利し、三部三勝することができました。

4年間ずっと三部三勝を追って来ましたが、達成できた実感があまりなく、色々な思いがありすぎて何を書こうか考え込んでしまいます。

私たち4年生はもう引退ですが、1年生、2年生、3年生はまだまだ続きます。オフシーズンは練習がなくなるだけで、やらねばならないことはあります。この時期をどう過ごすかが重要で、無駄にしてしまえば後悔は大きいと思います。

今回もたくさんの方々が応援してくださいました。また、差し入れもたくさんいただきました。私たちを支えてくださる方がこんなにいること、大変嬉しく思い、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

でも、一番ありがとうと言いたいのは最後まで頑張ってくれた選手たちです。私たちに三部三勝させてくれてありがとう。


■チーム愛から伝説へ、國兼のリクル&教育

DL4年国兼です。

今回が最後のオースポになった。
私は2年間も書いてきたので、やっと終わるというホッとした気持ちでいる。

私はフットボールを始めて多くのことを学んだ。それを話せばきりがない。

引退した今、思うことがある。
「後輩は私たちの代をどのように見ているだろうか。」
私にとって先輩とは偉大なものだった。
どの代の先輩も尊敬に値し、越えられない壁だった。

私たちがそんな先輩方と同様になれたかというとそんな気がしない。

これは私のただの見栄であり、ただただよく見られたいだけである。しかし、先輩ってかっこよくて強いもんだなーと思うのである。


僕はそういうの柄じゃないので。。

いかれた先輩でいいです。

以上。


■徒然後記

プロ野球セ・リーグを25年ぶりに制した広島が1日、広島空港から優勝旅行先の米ハワイ州へ向けて出発した。チャーター機には監督、コーチ、選手、家族ら約170人が搭乗。広島空港では航空会社による出発セレモニーが行われ、緒方孝市監督には飛行機の模型、小窪哲也選手会長には花束が贈呈された。

普段は厳しい表情の多い緒方監督はリラックスした様子で「家族みんなで優勝の喜びを味わってほしい」と話した。主軸として打線をけん引した新井貴浩選手も「ゆっくりのんびりしたい」と笑顔だった。

11月27日、オーディンは第3グラウンドで最終戦を迎えた。

結果は24-6で勝利で3部3勝達成。1年間様々なことがあったが無事に目標を達成することができた。

これは選手スタッフの力だけでは到底成し遂げられなかったことでたくさんの人たちに支えられ応援されてこそできたことだ。

様々な人たちの力があってこそチームはどんどん強く大きくなっていくのだ。尊敬と感謝の気持ちを忘れずにこれからもやっていかなければならない。

<文学部日本語日本文学科三年:青森美咲>


「未来に向かってファーストダウン!」
オーディンは、未来を創るフットボールチームです。
来週もオースポZでお会いしましょう!
posted by 週刊オーディンスポーツF編集長 at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。