2011年03月07日

週刊オーディンスポーツZ:Vol.18

■社説
〜職業なるにはなったら物語〜
第26期の多田みゆきです。今年で社会人3年目です。
現在、東京・四ツ谷の広告代理店で働いています。
私は学生時代、教職などの資格は取っておらず、普通に就活し就職しました。
就職先を広告会社に決めたのは、「きつくて大変そうだったから。」
3年前の就活の時期、今しかできないことは何だろう?と考え、たどり着いた答えが「若くて体力のあるうちは、きついところでバリバリ働こう!」だったんです。

予想通り、超忙しいです!
会社ではWEBプロモーションを扱う部署にいて、サイトを作ったり、WEBプロモーションの企画に関わったりしています。

メインクライアントは某大手流通企業です。
クライアントの業界トップ成績を維持するため、あちこち振り回され、いつも制作の締め切りに追われています。職場は常に修羅場状態…。
広告は移り変わりの速い業界なので、最新ツールから流行サイト、主婦ブログまでチェック。ファッションなどのトレンドチェックも欠かせません。

とエラそうに言っていますが、私に立派な考えがあるわけでもなく、「ま、この上司のいうことなら鵜呑みにしてもいいだろ」と思って信頼している上司が投げてくれる仕事を必死でやっつけている毎日です。仕事の本質を考えるより、とにかくやる。そのうちに何となくわかってくるんじゃないかなと思っています。

朝から深夜まで、あるいは社泊して働く場合もあるような職場ですが、毎日充実してると思います。
必死で働いて、その分、業界柄めちゃめちゃ遊んでますしね。
将来、「24歳のときにもっと遊んでおきたかった。もっと必死で仕事したかった」なんて言って後悔しないように、それができる今を、一生懸命生きたいなぁと思っています。
少なくとも私は、同じようにがむしゃらに過ごしたODINでの時間を後悔してません。
そうやって過去を後悔しないことで、今を丁寧に生きていきたいなぁと。
学生の皆も、3年後うだうだ言わないように、アメフトと勉強、めっちゃ頑張ってください。
1年生は、部活の理念とか言われても難しいと思うけど、もしわかんなくても「この人についていこう」って思える先輩を早く見つけて、必死に素直についていけばいいと思いますよ★
頑張りましょうね!


今週は社会人でバリバリ活躍中のスタッフOG多田みゆきちゃんに登場してもらいました。ありがとうございました。
オーディンは新しいことにどんどん挑戦し続けるチームです。その分自分を乗り越えなければならない場面も多く、苦しいことも多いです。
けれど、そこで付けた力というのは社会に出てからも役に立ち、みゆきちゃんのように活躍している卒業生もたくさん輩出しています。
これからも随時OB・OGの活躍を紹介したいと思います。

先週予定していた「大学時代で勉強しなくてはいけないこと」は、一言で言えば、小学校では中学校の準備をし、中学校では高校の準備をし、高校では大学の準備をする。ならば大学では社会人になる準備をしましょうということです。
そして社会人になったら、自分がこの世からいなくなったあとの社会をどうするかを考えて仕事をする。
そうすれば目先の損得やその場の感情に振り回されることなく、落ち着いて立派な仕事ができると思います。

オーディンは縦の繋がりの持てる体育会ならではの環境があり、大学にいながらにして社会の勉強ができますので、そういう環境を活かしてどんどん勉強して欲しいと思います。

※ご意見ご感想はこちらまで
odin_jimukyoku@yahoo.co.jp


■オーディンニュース
新しいユニフォームが完成しました!HPでご覧下さい!
※チームHPはこちらから
http://bu-odin.com/uniform.html
ご意見ご感想もお待ちしております
※昨年の卒業生の近況が届いています。BBSはこちらから
http://www4.rocketbbs.com/641/odin.html


■松本主将プレゼンツ:今週の主将賞

主将賞:進藤祐貴

進藤は運動経験が全くない、ゼロからのスタートでした。フットボールを始めた理由も、メジャースポーツではないためスタートラインが皆同じで、ここなら自分でもやれるかも知れない、と思ったからです。

しかし、中々うまくはいきませんでした。ボールが取れない、ヒットが出来ないと、思うように体を動かせませんでした。

そんな中でも懸命に練習していた進藤ですが、中々伸びることができないことに悩み、昨年の夏、不注意からしてしまった怪我を切っ掛けにチームから離れようとしました。
自分は何でこんなことをしているのだろう、と。

ですが、それを聞いた当時のレシーバーパートリーダーであった坂本さんに、自分も中々上手くなれなかったという話、それでも続けてきたから今があるという話を聞き、もう一度グランドへ戻ってきました。

今でも中々ボールをとることはできません。ブロックもすぐに剥がされてしまいます。佐々木にも毎回のように注意されています。
それでも毎回食らい付き、自分の失敗も隠すことなくチームに出して学ぼうとしている。
そんな進藤を今週の主将賞とします。

■オフェンス・ディフェンスリーダーより
<オフェンスリーダー佐々木亮>
どうも、お久しぶりです。リーダーに無茶振りされた#77 池田和樹です。
ビビるとか長州とか色々なあだ名が存在するのでみなさん好きなように呼んで下さい。

さてさて今週は、新入生、保護者の方にはアメフトを観戦したことのない方が多いと思いますので、試合中に『ここをみるとおもしろくなるっ!』というポイントをいくつか挙げたいと思います。

まずはボール。ボールがどこにあるかを見ることで、パスプレー(QBがWRにボールを投げる)なのか、ランプレー(QBがRBに手渡ししRBが走りまくる)なのかが見えてきます!
アメフトは一見ごちゃごちゃしていますが、1つのボールを運ぶ陣取り合戦です。そのボールに注目してみましょう!
次にハドル!ラグビーとちがってアメフトはタックルされるとそこで一旦プレーが終わります。その後ハドルといってオフェンス、ディフェンスがそれぞれ輪になり集まります。ここで次の作戦をたてるのです!

オフェンスは「今パスがでたから相手はパスを警戒してくる、ここでランだ!」とか、ディフェンスは「この一本は絶対止めるぞ!」などの会話をしています。
この間に観戦してる方も、次はパスプレーなのかランプレーなのか予想してみるとおもしろくなります!

最後に注目するポジション、選手を決めます!これは少し上級編ですが、ボールが追えるようになったらボールだけでなく、色々なポジションを見てみましょう。そうすると11人それぞれの役割、重要性が見えてきます!その中で好きなポジションなどを探してみてください。各ポジションの意気込みは先週のオースポを読み返してみて下さい。

この3点をみれるようになれば試合がおもしろくなります!ですが試合中はあまり深く考えず、フットボールを見ることを思いっきり楽しんでください!

来週はリーダーが帰ってくるのか、僕が再登場するのか。
それは来週までのお楽しみです。

<ディフェンスリーダー:出家圭佑>
こんにちは!出家です!
今回は3日の土曜日に行われた、亜細亜大学との合同練習についてお送りします!

亜細亜大学は咋シーズン大敗していた相手だったんですが、チームの雰囲気がodinと似ているなと思っていたので、ずっと見てみたいチームでした。
実際練習をしてみると、自分達との技術の差ややっていることの違いは全く感じず、俺自身向こうのWRにも負ける気がしませんでした。

ただ、いつもと違う相手と練習できる。そしてうまいプレーヤーに刺激を受け、自分はとても有意義で面白い練習だったと感じました。

しかし久史がブログで差を感じたと書いていたので、戸惑いました。
亜細亜大の練習は今は週2日であるにも関わらず自分達と差があるというのはどういうことなんだろうか、と。

たしかにボールへの執着心等といった気持ちの問題は今のodinにとって大きな課題の一つです。

必ず試合の反省でもそれが出てくるし、というか相手をうまいと認めつつ、そいつに勝ちたい、勝てなくて悔しいと思うことができてないということもその一因なんかなとも思います。

これからそういったプレーヤー・プレーにたいして徹底的にディフェンス幹部で追及し教育していこうと思います!まずは久史からだからな!

次回からは3週にわたる大型企画、各パートリーダーによる各パートのルーキーの紹介をしてもらいます!

今年のディフェンスのルーキーはみんな面白い奴ばっかりです!各パートリーダーがそれをさらに面白く伝えてくれることでしょう!笑
最初はLBリーダー祥平!ルーキーの紹介よろしく!


■徒然後記
ゴールデンウィークも終盤。春とは思えぬ陽気が続き、主要道路は相変わらず車でごった返している。
5月5日は立夏だ。暦の上では夏に入る。なるほど木陰を求めたくなるような暑さだ。
連休ということで様々なテーマパークに人気が集中する一方、緑に囲まれた時間をと山へ散策に行く家族連れも少なくないようだ。

地球の環境問題が大々的に取り上げられるようになって久しい。今や都心の一部スーパーマーケットでは、レジ袋を廃止するなど環境を意識した動きが増えている。
今年洞爺湖で開かれるサミットも環境問題が争点になる見込みだ。
環境への配慮は何も新しい動きのものばかりではない。例えば神社。神社にある木々が蓄えるCO2の量は、平均的な森林の3倍以上という。神社の境内にある木の多くはブナやケヤキなど広葉樹で、古くより受け継がれ育てられたものばかりだからだ。広葉樹はスギなど針葉樹と比べてCO2を多く吸収する。
地球のため環境のため、新しい活動を起こすのも良いだろう。しかし神社のような、古くからあるものを守っていくのもエコの一つだろう。一度都会の喧騒から離れて、神社の御神木を眺めてゆったり、というのも悪くない。
<第28期:伊藤雅史>


さーて、来週のオースポは?
○社説「今年もいよいよハッスルの季節がやって参りました」
○特集:「私が学問に目覚めたとき」来週こそ山下研が登場します。

以上をお届けします。

次回もレッツオースポリーディング〜!グーググーググー!コォ〜!
また来週〜!
posted by 週刊オーディンスポーツF編集長 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。