2011年03月07日

週刊オーディンスポーツZ:Vol.45

■社説

今回は今までの主将賞をダイジェスト版でまとめてみました。
これを見ると今年のオーディンが見えて来ます。
最多賞は歌田選手で3回。
次点は、平間選手、武井選手、星野選手、石田選手、飯塚久史選手、鈴木徹選手が2回となっています。


1〜7スタート前。
8、石田淳也:コミュニティーリーダーとして悩みながらも前進。
9、須郷秀教:去年までの消極さを脱却。積極的な頼れるラインマンへ。
10、武井亮:体調不良で休みがちな自分を抜け出し、強い男への決意。
11、小西瞬:ストレングスリーダー歌田からの評価がピカイチ。面倒臭がり屋を脱却。
12、飯塚久史:学生員の地味な仕事に対する堅実な頑張り。
13、歌田俊介:恥ずかしがり屋から積極的に発信するストレングスリーダーへ成長。
14、平間圭太:不登校から脱出。練習に来るように。勧誘への頑張り。
15、茂木香菜子:体育会本部としての堅実な頑張り。
16、相馬高之:控え目な男から自ら発信する男へ。縁の下での頑張り。
17、武井亮:自分の苦労を糧に、後輩への思いやりの持てる男へ。
18、進藤祐黄:スポーツ経験ゼロ。去年の挫折から再起した今シーズンの頑張り。
19、小林泰裕:去年のストレングスリーダーの挫折から再起。新入生を引っ張る姿勢。
20、星野嘉住:後片付け、新人フォロー等裏方での頑張り。
21、鈴木徹:久史からの推薦、トレーニング嫌いからの脱却。
22、飯塚久史:ストレングスリーダー不在の期間をフォロー。周囲に行動で示す。
23、石田淳也:越谷ホームさんとの架け橋。応援されるチームへの行動力。
24、高橋まみ:学生委員の裏方の仕事を堅実にこなす。ブログに見る視野の広さ。
25、飯塚明男:自分中心の性格から、周囲への働きかけができる男へ脱却。
26、鈴木祥平:退部したかった去年の挫折を糧に新人への優しさを見せる。
27〜31、夏季休業につき休載
32、歌田俊介:体調不良を訴える選手がいるなかでリーダーとしてのぶれない強い姿勢。
33、合宿中につき休載。
34、田辺涼太:歌田の推薦。スポーツ経験ゼロからの食らいつく姿勢。練習を抜けない。
35、井村和仁:QBへの抜擢、チームのためにTEへの未練を断ち切り、努力する姿勢。
36、平間圭太:練習に来られなかった弱い自分から、今週は休まずに来るように。
37、石田成美:O、Dリーダーからの推薦。スカウティングに頑張る姿勢。
38、鈴木徹:今まで怠けていたことを認め、トレーニングを頑張る姿勢。
39、試合で負け、精神的ショックから休載。
40、歌田俊介:負けた試合を反省し基本に返り、村越とのスナップの猛練習。
41、黒岩幸祐:リーダーの素質がある男が本領発揮か。試合、ブログでのアピール。
42、星野嘉住:パートリーダーとしての自覚。DBノート、飲み会等で結束を図る。
43、村越哲朗:パンターとして試合での活躍。それを裏付ける歌田との陰の努力。
44、有馬龍之介:ちょっとした痛みから練習を抜ける過去から、逃げない男へ。
45、主将負傷につき休載

顔ぶれ、理由を見ると今シーズンのオーディンが何を目指していたのかが見えて来ますね。
その時点で優れているか劣っているかではなく、本人の成長の幅を評価しています。

昨年リーグ最下位のどん底のチームです。そこから這い上がるには個人も成長しなくてはなりません。その成長も「チームへの公心」に基づいていなければならない訳です。

そんな現状を打開するために、ぶれなく評価してあると思います。

※ご意見ご感想はこちら
odin_jimukyoku@yahoo.co.jp



■今週の予定:スタッフリーダー濱野
【今週の予定】
10(月)・・オフ
11(火)・・ミーティング
12(水)・・オフェンス&リターン
13(木)・・オフ
14(金)・・ディフェンス&カバー
15(土)・・オフェンス&リターン
16(日)・・ディフェンス&カバー

※(火)は学内にて試合反省ミーティングを行います。


■シーズン企画:「オーディンモンスター軍、OB達の戦いの軌跡」
〜全国で戦うモンスター達の試合予定と結果をアップします〜

<試合結果>
11月9日(日)Xリーグ2部
福田選手所属
○バーバリアンVS●ウォリアーズ
15対14でバーバリアンの勝利です!

<福田選手からレポートが届いています>
1敗同士の2位対決となったウォリアーズとの1戦、入替戦出場に向けて絶対に負けられない一戦でした。
リーグ戦を通しての他チームとの戦績はほぼ互角か、若干ウォリアーズの方がリードしている状況。しかも過去に因縁のあるチームらしく。試合前から相当テンションが高まっていました。
試合内容は正直よく覚えてないのですが、4Q始まった直後にタッチダウンを取られ、6対14になり、そこからタッチダウン、FGで逆転しました。
いや〜、点差が開いた時は正直ビビリましたね。チーム内もヤバイという空気になりましたが、必死に食らいついて行き、最後は必死に足を掻いて、その必死さでウォリアーズを上回った。とにかくそんな試合でした。
ですので、格好いい所は何もありませんが、とにかく1敗で最終戦を迎えることができ、全勝のブルザイズとぶつかります。勝てば入替戦出場で1部リーグも見えて来ました。

試合後、控え室でハドルを組み、主将が1部への想いを涙ながらに語っていました。
燃えてきましたね。何が何でも勝ちたいです。35歳にしてこういうチームにいられ、しかもポジションが与えられていると言うのは本当に幸せです。自分ができることを一生懸命やりたいと思います。


※今週はモンスター軍の1勝で、通算8勝10敗1引分です!
プレーオフ、入替戦を除く公式戦は残り2試合となりました。
公式戦もあとわずか。最後まで頑張ろう!


<試合予定:11月16日〜11月24日>

11月16(日)江戸川アーバンリーグ
小堀選手、斎藤選手、香取選手所属
サンダーバーズVSレイザーバックス

11月24日(月)Xリーグ2部
福田選手所属
バーバリアンVSブルザイズ東京
2位のバーバリアン対1位のブルザイズ東京との事実上の決勝戦です。
この試合に勝てば1部との入替戦に出場が決まります!福田選手、Xリーガーへの再起はあるのか!?注目の1戦です!

■VS埼玉大戦〜大会レポート
<オーディンGM:福田勝之>
11月に入り、しかも夕方からの試合ということで、大変寒い陽気でした。この陽気のためか客足は今一つでした。
第28期からは島村、坂本、木村。木村と島村は仕事で欠席の唐澤に代わってグッズ販売を頑張ってました。
第27期からは林、長沼。林はグングニルで今日も盛り上げてくれていました。
第26期からは平田が復活。今回就職も決めて、晴れて復帰です。
第24期からは須藤。今回怪我で負傷した松本に付き添った高橋を自宅まで送るために車を走らせてくれました。

OB・OGは8人ということでなんとも淋しかったのですが、今回父兄の方がたくさん来てくれました。佐々木選手の弟君、徹選手の弟君、妹ちゃん。遠藤選手のお父さんが初参加です。
選手の妹、弟が来てくれるのは大変嬉しいです。先輩スポーツマンとしていい所を見せたいですし、応援席も暖かい場所でありたいと思います。

こういうイベントは、みんなの人の輪で成り立っているものですので、特に動員をかけてどうこうというのはしないつもりです。ですので、たくさん来てくれる日もあれば1人しか来ない日もあるでしょう。
ただ大事なことは、来てくれた人に「ああ、来て良かったな」と思ってもらえることが大事で、そういう意味では試合内容もオーディンの見せ場、オーディンが流れを引き寄せた場面もありましたし、タッチダウンを獲ることもできました。
特に出家選手の走りは鬼気迫るものがありましたし、試合後も今回のメッセージでも見に来てくれている人を意識して頑張っていることを話しています。シーズン開始当初の「俺が俺が」から随分成長したなと感じました。

今回の試合で特に印象に残ったのは、もう逆転の可能性が残されていない最後の埼玉大の攻撃。埼玉大はニーダウンで時間を消費することなく最後までドライブを続けたのですが、その時にスタンドから「黒岩行けー!」という声が掛かり、それに気付いてチラっとこちらを見て改めて気合を入れていた黒岩選手の表情。
それと最後の埼玉大のプレー、インサイドのダイブだったのですが、埼玉大のラインはちょっと気が抜けてたのでしょうか、その隙をついて物凄いスタートでFBをタックルした池田選手です。

いくら見に来てくれる人のためにいい試合をしたいと思っていても、相手がいる競技ですから、相手を上回らない限り、自分達の見せ場は作れません。
「勝つことで見せたい」とは選手なら誰しも思うことですが、勝負である以上、いつも勝てるとは限りません。
接戦であればやる方も見ている方も「手に汗握る」展開になるでしょうが、大事なことは負けた試合で何が伝えられるか、逆に大勝した試合で何が伝えられるかだと思います。

今回負けはしましたが、充分に気持ちが伝わってきましたし、入念な準備も感じられました。その頑張りを健太、平田が受け止め、応援で返す。また応援することで選手が気迫・プレーで返す。スタッフも連携を取りながらキビキビと良く動いていました。

スタンドも一体感があり、大変いい雰囲気でしたね。
ちなみに今シーズンでチアスティックは250個近く売れました。これは昨シーズンのほぼ1.5倍です。来年はチアスティックもリニューアルする予定です。デザインを募集したいと思います。

さて、いよいよ次は2008年オーディンの最終章です。4年生はどういう最期を見せるのか。勝って欲しいのはもちろんですが、そこは勝負事、どうなるかは神のみぞ知る所です。応援団グングニルとしては、勝ったとしても負けたとしても、その生き様をしっかりと受け止めたいと思います。


■松本主将プロデュース:今週の主将賞
毎回楽しみにしていただいているコーナーですが、今週は松本主将が試合負傷&現在寝たきり状態のためお休みします。次週の新潟戦には復帰する予定ですのでご安心下さい。

■オフェンスディフェンスリーダーより
<オフェンスリーダー:佐々木亮>
土曜日はたくさんのご声援ありがとうございました。
試合では、そのご声援に勝利で報いることが出来ず、すみませんでした。

相手はリーグ一位の埼大。一人一人がそつのないプレーをし、全体のチーム力もあった。ただ付け入る隙も何度かあり自分達はそれをものには出来なかった。リターンチームのビックリターンに少なからず動揺を受けたであろう埼大にタッチダウンという形でさらに動揺を与えることは出来なかった。ここでタッチダウンを取れていたら流れはまた大きく変わっていたかもしれない。
ただ言えるのはチャンスをものに出来なかったということだ。

この試合を振り返ってみて自分自身、やり切れたとは決して言えない内容だった。それは思い切ったプレーコールが出来なかったからである。その理由を試合後考えてみたが自分が相手のペース、勢いに呑まれていたからだと思う。相手がうちのショートパスを警戒したディフェンスをひいてきた時、そんなの関係ないぐらいの気持ちで臨めなかった。
悔しいがそれが本当のところである。
それが今回負けたことにも大きく影響しているはずである。この試合、攻めるしかない状況で攻めきれなかったのは自分の責任である。

今年のリーグで残された試合はあと一試合。余計なことは考えず思い切りやるだけだ。

<ディフェンスリーダー:出家圭介>
こんにちは!出家です!
埼玉大学戦には本当に多くの皆さまにご観戦いただきありがとうございました。
結果は10‐34ということでBブロック首位の埼玉大学にいい試合をしたと多くの方々に言ってくださいました。
確かにディフェンスも前半はゴール前をFGに抑えたり、今まで埼玉大学が蹴っていなかったパントを2度させたりと良い所はありました。
しかしながら、フィールドポジションが悪かったとはいえズルズルと埼玉オフェンスに出され、後半はメンバーを落とされたことは、やはり文教ディフェンスがまだまだということです。
実際、ディフェンスのウィークポイントを突かれ改めて弱点が露呈されました。
次戦の新潟大学戦は勝てば3位に上がれます。
けれども大型のラインや強いRBがいてパワープレーを得意とするチームです。
ディフェンスのウィークポイントを少しでも克服しないと勝てない相手です。

絶対に勝ってシーズンを終わりたいと思います。

最後の2週間を自分のため、後輩のため、チームのため、応援してくださる皆さまのためにフットボールをします。
応援よろしくお願いします。


■徒然後記
1963年8月28日。黒人差別根絶を目指すマーティン・ルーサー・キング牧師がワシントン広場で大演説を行なった日だ。20万人もの参加者が集ったこの集会でキング牧師は、「I have a dream」を繰り返し、人種間の平等な社会を訴えた。

米国のバラク・オバマ氏が民主党全国大会で大統領候補に指名されたのはこの45年後の2008年同日。そして先日、対立する共和党のマケイン氏を大差で制し、ついに米国初の黒人大統領が誕生した。オバマ氏が選挙戦で終始強調した言葉は「change」。
上院議員に当選して4年の若手政治家が米国をどう「change」していくか。経済危機への対策や日米同盟継続の是非など、彼の一挙手一投足には目が離せない。

人種差別の歴史からみても、初の黒人大統領誕生は大きな変革と言える。とはいえまだまだ人種差別の根は深い。今回の一報も通過点の一つに過ぎないだろう。
しかし差別に抗う歴史もまた脈々と受け継がれる。キング牧師の「dream」からオバマ氏の「change」へ。さて次の歴史の担い手はどんな言葉を放ってくれるか。

<第28期:伊藤雅史>


さーて、来週のオースポは?

○社説「グーグルに学ぶチーム経営論とは」
○特別企画「オーディンモンスター軍、OB達の戦いの軌跡」
以上を中心にお届けします。

「明日に向かってファーストダウン!」
オーディンは、未来を創るフットボールチームです。
来週もオースポでお会いしましょう!
posted by 週刊オーディンスポーツF編集長 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。