2011年03月11日

週刊オーディンスポーツZ:Vol.51

■社説

麻生内閣の支持率が、ついに20%を割り込みました。
時事通信社が19日、ウェブサイト上で報じた世論調査(今月12〜15日実施)で、内閣支持率は16・7%まで下落、公に発表された数字としては初めて10%なかばまで落ち込んだと報道されています。
度重なる漢字間違い、放言癖、遅々として進まない景気対策と、支持率下落は様々な要因があり、マスコミからも連日非難されています。

しかし、日本は民主主義、国民主権の国です。麻生さんも選挙を経て政治家になりました。
もっとも私たちオースポは、特定の政党や政治団体を支持するメディアではありませんので、これは麻生さんを擁護する訳ではありません。
けれど、私たちが言いたいことは、麻生さんを批判するマスコミは、麻生さんを9回も当選させた福岡8区の国民の「投票責任」は批判しないのかと言うことです。

主権は国民にある訳ですから、選んだ人間にも責任はあるはずです。ならば議員が汚職をしたときは、その議員を選んだ選挙区が謝罪したり、例えば選挙権の制限のような何らかのペナルティーを受けるべきで、逆に言えば議員が優秀な政策を行ったときは選挙区の有権者が評価されてしかるべきです。

けれど日本の民主主義はそうはなっていません。投票用紙に名前も書かずに投票しますので、ここですでに個人の責任ということは問われません。
無責任に名前だけ書き、あとは選ばれた人に頑張ってもらう。

無責任な人間が選べば当然無責任な人間が選ばれますし、選ぶ側が自分の利権を期待して議員の出世を期待するならば、当然自分の利権を追及する政治家が選ばれます。

オーディンの主将選挙はそれを踏まえて、全て記名投票にしています。
しかも投票の前に自分の意見を出し、誰が誰を支持してるのかも分かるようになっています。
「そのような選挙は、意見を言うのが不得手な人、気が弱く流されてしまう人にとっては自分の本心が言えないのではないだろうか。公正な選挙とは言えないのではないだろうか。」
という意見もあります。
けれど、意見・意思というのは、流されてしまったり、きちんと面と向かって言えないうちは意見として成熟してないと私たちは考えます。
成熟してない意見・意思を民意としてチームの運営に反映させることは、チームの成熟の妨げになるということです。

もう1つ大事なことは、フットボールチームというのは常に有事、国で言えば戦争の状態にある訳です。
戦争をするときは民意を統一しなければ強い国にはなれません。
オーディンの選挙は事前によく話し合いをして、意見を交換し、擦り合わせ、民意を統一します。
大事なことは皆で話し合って決めるとうのは、聖徳太子の17条憲法にもありますし、天照大神も有事の時は八百万の神と話し合っていました。これは日本の優れた文化であり民主主義の原点です。
民主主義というのはアメリカに教わったものではないのです。

今回の選挙は、得票率90%以上で池田が主将として当選しました。
100%にはなりませんでしたが、思想・言論弾圧をしている訳ではないので、例外も認めます。誰が池田に投票しなかったのかも共有していて。別に差別を受けることもありません。それを踏まえてシーズン終了時には100%の支持率にすればいいことです。

1、投票には責任を持つ、
2、チームを強くするために意思を統一する努力をする。

これがオーディンの主将選挙です。

考えてみれば、主将(首相)を支持する人間が20%もいない。しかも選んだ人間はチーム(国)に対して責任を取ろうとしない。主将(首相)を支える努力もしない。
こんなチームが勝てる訳ありません。今の国政を模倣して選挙を行えば勝てるチームになることは不可能だと言わざるを得ません。
また、私たちはこういう状態で弱肉強食のグローバル社会を戦っていかなければならない日本というチームに所属する一員として、非常に危機感を感じます。

※ご意見ご感想はこちら
odin_jimukyoku@yahoo.co.jp


■松本前主将より寄付金の使用報告です

2008年は、皆様から寄付金という形で30万円ものお金をいただきました。

内訳は…
・新入生の防具代立て替え…92,000円
・テーピング、工具備品代…130,050円
・連盟への公共会場使用料…32,900円

残金45,050円

新入生の防具、ユニホーム代を立て替えることに使わせていただきました。
防具は安い物ではなく、毎年悩みでありました。それを立て替えることが出来る、というのは大変ありがたいことです。今回立て替えさせていただいた伊藤も、そのことを胸にこれから強くなり来年入部してくる後輩へ、良い姿を見せてくれることでしょう。

テーピングと工具に使わせていただきました。
単価はあまり高くないものですが、会計の主要項目です。ここでお金を使わせていただいている以上、簡単に怪我はできません。

連盟へのお金に使わせていただきました。
毎年連盟へ支払うお金は合計すると30万円以上になります。今年はグッズ販売も行っていただき、さらに寄付金を使わせて頂くことで、個人から集めることはありませんでした。

30万円という金額は、とても重たいものです。そのためにお金を割いていただけるということは、身にあまる思いです。だからこそ、どのような形でお返しするのが良いか、今後も考え、皆様に「渡したかいがあったかな」と思っていただけるような行動をしていきたいと思います。

本当にありがとうございました。


■オーディン事務局:唐澤営業部長より今シーズンの決算報告です

今シーズン、チームグッズをご購入いただきまして誠にありがとうございました。
今年度、OB事務局の一貫としてグッズ販売を本格的に始め、スタート当初は手配が一時滞るなどの不備が生じ、ご迷惑もおかけしましたが、皆様からのご好意をたくさんいただき、シーズン通して実に162,400円もの売り上げを出し、利益にすると40,505円という成果を上げることができました。本当にありがとうございました。
今回集まりました利益は、今シーズンのリーグ戦公共会場運営費にあてさせていただきました。

グッズ販売を通し、購入していただいた皆様とつながりを持つことができ、チームにとっても、私自身にとっても、得たものは非常に大きかったと感じております。
直接お話させていただく度に、皆様のチームに対する思い、応援するお気持ちなどを強く感じることができました。
こういった暖かい想いに支えられ、リーグを乗り越えることができました。今後もより一層、応援して下さる方と現役とのパイプ役となり、チームに伝えていこうと思います。

2009シーズンはスタートしましたが、オーディン事務局も今後にむけ反省、改善を行っていきます。グッズ販売に参加してくださった方に、よりチームを好きになっていただけるよう、またもっともっとたくさんの方にオーディンを知って頂けるよう、商品内容や販売方法などの工夫をしていきたいと思っております。

リーグは終了しましたが、現在メールでのグッズ注文は随時行っておりますので、いつでもお気軽にご連絡ください。

odin_goods@yahoo.co.jp

2009シーズンも、どうぞよろしくお願いいたします。


■〜オーディン、3部で1勝の足跡を刻んだ英雄たち〜
2008年度卒業生からのメッセージを紹介します。

1、これからの進路
2、4年間を振り返って
3、後輩たちへ

1、進路はまだ決定していません。

2、今振り返ってみると4年間本当に続けてきて良かったと思っています。
自分は当初から考えると様々なポジションを経験してきて、最終的にWRになりましたが今では誇りをもっています。同じポジションで4年間やったほうが良いと思うのが普通ですが、自分は様々なポジションで培ってきたものが役にたって良かったと思っています。

3、何かに夢中になりそれに向かって努力するということは、同時に責任というものが生まれると思います。その責任を背負いながら何かを達成したときの喜びは一生の宝物であります。そして11の中の一人、チームの中の一人として自分の役割を全員が果たせばチームは強くなると思います。今後の皆の活躍を期待してます。今までありがとう。

<第29期OB:飯塚明男>


■徒然後記

「成人とは人に成ること/もしそうなら/私たちは日々成人の日を生きている」。
谷川俊太郎「成人の日に」の詩の一節である。20歳を迎えて久しい社会人も、いまだ迎えぬ学生も毎日が成人の日ということだろう。

成年年齢の引き下げに向けた準備が進められている。選挙権を18歳まで認める他、民法など関連条項の見直しも検討されているところだ。若者の社会への参加意識を高めたいとの考えが強い。

一方で国民の多くは引き下げに不安を感じているようだ。世論調査では成年年齢を18歳以上にすることに反対する声が6割を超えた。「若者にそれだけの責任を負わせるのが不安」との意見が多い。引き下げに向け、若者も自身の意識を変えていかねばならないだろう。

「人に成る」ための条件を挙げて、詩は続く。「他人のうちに自分と同じ美しさをみとめ/自分のうちに他人と同じ醜さをみとめ…」。
他人を認める心がなければ、時になすりつけ時に言い逃れ、自ら責任をとろうとの気概も薄れよう。人の内を想えばこそ、「責」の字も見えるようになる。

<第28期:伊藤雅史>


さーて、来週のオースポは?

○社説「激震!オンワードオークス廃部から考えるオーディンが今すべきこととは」
○2009年度、オーディンの人事が決まりました。
○〜オーディン、3部で1勝の足跡を刻んだ英雄たち〜
2008年度卒業生からのメッセージを紹介します。

以上を中心にお届けします。

「明日に向かってファーストダウン!」
オーディンは、未来を創るフットボールチームです。
来週もオースポでお会いしましょう!
posted by 週刊オーディンスポーツF編集長 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。