2011年03月29日

週刊オーディンスポーツZ:Vol.90

■社説

そろそろ温かくなってもいいんじゃないか?
そんな気候が続いているが、今年もこの季節がやって来た。
そう、『勧誘』の季節である。
人材の確保はチーム存続に関わり、勝利のための必須条件。
それ故にほとんどのチームはあの手この手を使い、勧誘に力を入れ活動している。

では、新入生はどんなチームに魅力を感じ、入部を決めるのだろう。
私は次の東京都知事選に立候補している、和民グループ前会長の渡邉美樹氏の著書やインタビューなどを読むことが多い。
そのいくつかの著書の中で常に述べていることとマニフェストに書かれていることがほとんどブレていなかった。
「食を通して人々に幸せになってもらいたい」という想いから始まった和民グループと「都民の方々に幸せになってもらいたい」という想いから立候補した都知事選。

場所は変われど、渡邉氏の想いは変わっていなかった。
その想いの強さに私は都民ではないが渡邉氏に一票を投じたくなった。

人の想いが動く時というのは誰かの想いに触れた時なのではないだろうか。
勝利に対する想い、そのためには新入生の力が必要だという想い。
今一度チームとして想いを確認し合い、徹底することが勧誘に対しての最大の準備であると言っても過言ではないだろう。

※ご意見ご感想はこちら
odin_jimukyoku@yahoo.co.jp


■熱血漢!村越哲朗主将プロデュース「今週の主将賞」


主将賞:「安川輝塁」

今リクルート主導で全体をこいこい祭、Oパーティー(拡大ジュースコンパ)、Tボウル、装飾の4つにグループ分けし、それぞれのグループが企画をするという活動をしています。

その中で輝塁はOパーティー企画のリーダーをやっています。
昨シーズンは勧誘される側でしたが、する側に回っていろんなことを考えなければならないことを毎年のことですが、新2年生は勉強しています。

特に輝塁はリクルート部の下机や大塚にフォローされながら、わからないながらも勧誘を成功させるために奮闘しています。
「何を目的として行うのか?」「1年生の目線に立てているのか?」などの周りからの意見に頭を悩ませつつがんばっています。

このまま輝塁がたくさん悩み、考え、その結果形になったパーティーは必ず勧誘のキーポイントになるでしょう。

後輩をもつ自覚と「自立」の道を歩んでいる輝塁を今週の主将賞とします。

※オーディン公式HP
メンバー紹介:安川輝塁のプロフィールはこちら
http://bu-odin.com/roster-sm.html#2

■ツープラトン元年!オーディン内戦時代突入!「ディフェンス・オフェンスリーダーより」

<ディフェンスリーダー:下机隆幸>
こんにちは、下机です。
今回考えたのは練習中(プレー中の声)です。ハドルの時、池田さんによく言われることだけど、みんなどう考えているかな?

『良いプレーは良い』
『悪いプレーは悪い』

とお互いに指摘し合うこと。

僕はとても難しいことだと思っています。何故なら、『良いプレー』と『悪いプレー』は紙一重だと思うからです。

例えば、スケルトンの時のインターフェア。

ドンピシャならナイスプレー、だけどタイミングが早ければイエローフラッグが飛びます。
その判断を自分の中でも明確にするためにも、思い切りプレーすることが必要だと感じました。

自分のベストなプレーをして、出されてしまったならもっと練習すればいい。単純なことだと思うし、そうしていかなければ成長できないと思います。

隣にいる仲間と共に、毎日の練習で切磋琢磨しながらやっていこう!!


<オフェンスリーダー:原田将>
こんにちは。今年から花粉症になり、コンタクトレンズの乗りが悪くて困っている、オフェンスリーダーの原田将(ひとし)です。花粉症って辛いですね、正直なめてました…。

先日練習の後、黒澤に一緒に入ったハドルについて聞いてみたところ、『ディフェンスはミスの後も全員で盛り上げることで雰囲気が悪くならないんですが、オフェンスのハドルはミスの後は何というか…異様な雰囲気になりますね。』と言われました。

異様の正体についてですが、ミスのあった後のハドルでは『ミスしたプレーヤーが謝る声』『ミスを咎める声』『自分が空いている!という主張の声』『切り換えていこう!というフォローの声』などたくさんの声が飛び交っているからだと感じました。

ミスの程度にもよりますが、ミスすることがいけないことではありません。ミスはミスですが、ミスした後でもそのシリーズを得点に繋げること(フォロー)ができれば良いと思います。

良くないことはそのミスによって萎縮したり、焦ったりすることで悪循環になって自滅することです。その悪循環を断つことができるのは、一本抜けなどのビッグプレー、もしくはハドルで落ち着きを取り戻し自分達でプレーを出していくことのどちらかだと思います。(他にもあるだろ!というものがあれば教えて下さい。)

今回のハドルでの「異様な雰囲気」というのは、落ち着きを取り戻すことには程遠いものだと思います。
やはり落ち着くためには、ハドルにいる全員がプレーを出すことがFirstdown更新に繋がり、Firstdown更新がTDに繋がる。
だからTDを取るために、まずは目の前の1プレーを出すことに集中するんだ!という意識を共有し、1つにまとまることが大切だと思います。

普段の練習のハドルから意識してやっていこう!


■Narumi’s Eye「今週のオーディンニュース」

氷が溶けきったアイシングパック
飲みかけのジュース
剥き出しになったVHS

これらは、改装したきれいな新部室に無惨にも放置されたもの。

プレハブから引越してきて1ヶ月弱、慣れるに従い新部室はだんだんと混沌へと向かっている。

慣れというのはこわい。

辞書をひけば、「なじむ」とか「習熟する」とかプラスの意味が多いが、「それを当たり前のことと思う」の意味をみて、これだ…と感じた。

これができてて当たり前
グラウンドを使えて当たり前
部屋がきれいなのは当たり前

これらが当たり前なのは、自分以外の誰かが何かしらの動きをしてくれた結果があるから。

当たり前に感じるってことは、人任せにしていることが大半だ。

飲みかけのジュースたちは、次の日になったら、なくなっていた。

誰かが片付けをしてくれたからだろう。

そういった、大したことがないように見えるところでも、誰かが自分がやらなくては!というように責任感を持ってやっている。

大したことないところまで見えている人は、練習中でも様々な活動でも積極的に、自分が変えてやるんだという気持ちを見せて取り組んでいる。
全てにおいて、自主性を全面に出している。

そういった片付けをちゃんとできない部分がプレーにも出てくるとよく言われる。

実際、一定の人が声をださなくて静かだった練習もある。

何回か連続で練習で使う準備物がたりなくて、同じ反省がでたこともある。

小さい部分から、自分やる!自分が変えてやる!というという気持ち、もっともっと出していくべきだ。

多くの人間が使う部室は、自主性の心の鏡。

汚かったら、自主性が足りないんだぐらいの意識を持ってやっていきたい。

※オーディンBBSはこちら
http://www1.rocketbbs.com/110/odin.html

■広報部発「オーディンCM」

この度、週刊オーディンスポーツZ創刊にあたりまして、Zに登場するリーダー陣は、チームブログの担当から外れ、週刊オーディンスポーツZの記事に専念することになりました。

リーダーはさらに熱い記事を書きます。

同時に他のメンバーはよりブログに登場する頻度が上がりますので、さらに持ち味を発揮することになります。こちらもどうぞご期待下さい!

※オーディン公式ブログはこちら
http://blog.livedoor.jp/b_odin/
<広報部渉外局:金井洋太>


■徒然後記

東北地方太平洋沖地震による影響は収束を見せず、テレビでは連日関連ニュースを流している。
そんな中、テレビ局内でのPTSD(心的外傷後ストレス障害)が問題視され始めている。様々な映像を編集する際、私たちが目にしていないようなショッキングな映像を目にしているスタッフが多く居る。
そのような人達が、PTSDを患ってしまっている現状に対し報道局は、「一段落したら、PTSDへの対策が急務になる」 とコメントしている。

現状を伝えるという報道としての態度を優先した報道局。
「今」すべきことをしっかり見据えつつ、それに対してのデメリット、次にやるべき事を明確に持つ。これが今求められる態度であろう。

買い占めが必要なのは「今」でない。極端な産地へのこだわりが必要なのも「今」でない。「今」必要な事を私たちも明確に持たなくてはならない。

<文学部日本語日本文学科4年:菱木隆太>


さーて、来週のオースポZは?

〇社説「いよいよ4月、勧誘が本格的に始まります」
〇熱血漢!村越主将の「今週の主将賞」
〇ディフェンス・オフェンスリーダーより
〇NARUMI’S EYE「今週のオーディンニュース」
〇広報部発「オーディンCM」
以上を中心にお届けします。

「明日に向かってファーストダウン!」
オーディンは、未来を創るフットボールチームです。
来週もオースポでお会いしましょう!
posted by 週刊オーディンスポーツF編集長 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。