2011年08月23日

週刊オーディンスポーツZ:Vol.111

■社説

今年はとにかく合わせ。
本数を重ねて、一つ一つのプレーの精度を上げよう。
そんなことを話ながら練り上げていった今シーズンの合宿。
今週はリーグに向けて最後の追い込みの皮切りとした合宿について書いていく。

まず、今年の合宿は上にも書いた通り合わせの回数を増やしてプレーの質を上げるというのが目的だった。
その目的通り、1日の合わせの本数はオフェンス、ディフェンス、スペシャル合わせて100本近く行うことができた。
これだけの本数をチーム内で行うことができたのも1年生の数が増えたことが、勧誘の成功が大きな要因となっている。
そして12日に行った城西大学とのメージ戦では22ー14で勝利した。
この結果も少なからず勧誘成功の影響を受けていると言えよう。

また、今回の合宿ではミーティング後の空いた時間でパートごとにビデオを見たり、アサイメントを確認したりしているのをよく目にした。
これは去年の合宿の反省からきている。
去年はスケジュールの変更が頻繁に行われたため、毎晩リーダーを集めて調整を行わなければならなかった。

その結果1年生と話す時間が少なくなり目的の一つを果たせなかったのだ。この事から今年は事前の準備をしっかりと行い、現地でのミーティングの時間を減らすことに成功した結果であるといえる。

しかし何事も良いこともあれば良くないことも起こるものだ。
まず体調を崩し、練習を休む者が出てしまった事だ。
合宿をよりよいものにするためにはコンディションを整えることが重要なことはもう何度も言っていることである。
チームとしても、特に個人としても貴重な1日を不意にしてしまったことはとても大きな意味を持つ。
個人としてもチームとしても反省しなければならないだろう。

また普段の生活で身に付いてしまっただらしなさも見えた。
部屋にゴミが散らかっていたり、我が家のような振る舞いをしているものがいた。
そのようなだらしのない者が勝負の場面で力を発揮できるとは思えない。
直接プレーに関わらないが、重要な点を改めていかなければならないだろう。

このように成果も反省も出た合宿であったが、当たり前に行えるものではないことを忘れてはいけない。
合宿係がすべての調整を行い、リーダー達が毎晩メニューを考えることで初めて「当たり前」に行えるのだ。
今回の合宿はそのような事を考え直すいい機会になったはずである。

合宿も終わり、初戦まで残された時間はいよいよ1ヶ月となり、今日から夏練も後半戦が始まる。
勝負の時が近づく。

※ご意見ご感想はこちら
odin_jimukyoku@yahoo.co.jp


■熱血漢!村越哲朗主将プロデュース「今週の主将賞」


主将賞:「高橋未鈴」

8月11日〜17日に行われた夏合宿。
今回の合宿で一番骨をおったのはおそらく高橋でしょう。

高橋はその前の週まで体育会の幹部としてフレキャンに参加していました。
そんなハードなスケジュールの中で合宿係として宿舎との連絡やバスの手配など様々なことを準備してくれました。
今年は例年とはグラウンドの使用状況が変わってしまった関係で荷物の積み降ろし作業の場所を変更せざるを得ませんでした。
その変更が合宿間近になってしまったのにも関わらず迅速に対応してくれました。

また合宿が始まってもご飯の時間や幹部との日程の調整などの細かい仕事は終わりませんでした。
そして体調不良者が出た時も僕と一緒に病院と宿舎とグラウンドを行き来し、宿舎とのパイプ役になってくれました。

また合宿に来ていない芳賀の代わりにトレーナーリーダーを勤めました。
今回の合宿は高橋なしではあらゆる面で厳しいものになっていたことは間違いないでしょう。

合宿は当たり前のように毎年行けるものではなく、合宿係のような裏で仕事をしてくれている人間がいて初めてできるものなのである。
合宿係の中でもリーダーとして最も動き、最もチームに「貢献」してくれた高橋を今週の主将賞とします。

※オーディン公式HP
メンバー紹介:「行き当たりバッチリ」
高橋美鈴のプロフィールはこちら
http://bu-odin.com/roster-sm.html#076


■ツープラトン元年!オーディン内戦時代突入!「ディフェンス・オフェンスリーダーより」

<ディフェンスリーダー:下机隆幸>
11日〜17日まで福寿荘さんで合宿を行ってきました。

埼玉に比べて気温は涼しく、また1日中アメフトに打ち込める、いつもとは違う「環境」で練習することが出来た。

2日目の他大学とのメージではDLが押し込まれ、システムが全く機能しなかった。

「全員が役割を果たさなければ止まらない」

春先から何度も言ってきてる言葉です。フィジカルが足りないなら、飯を食べて筋トレをする。テクニックを身に付けたいなら、何回も反復練習する。

自分に与えられたポジションに誇りをもって、最低限の役割を果たせるよう、練習に取り組んでいこう。

また、今回の合宿ではツープラトンにした、メリットとデメリットの両方が出ていたと感じました。

パート単位で考えると、両面の頃に比べ、どのパートも確実にスキルアップすることが出来ました。

しかし、ディフェンスチーム全体としてはメンツ不足のため、やりたいことが満足に出来なかったという現状があります。

もう一度、1人1人がメンツ不足に対する危機感をもってやらなければ、リーグ戦を勝ち抜いていくことは厳しい。それどころか、自分達の全力を相手にぶつけることすら出来ない。

そんな悔しい結果にならないためにも、先ずはこの長い夏練を体のケアをしっかりして乗り切ることが大切。

リーグ戦はもう目の前まできてる。全員の想いを一つにして、残りの夏練も『3部2勝』に向けて貪欲に取り組んでいこう。


<オフェンスリーダー:原田将>
夏合宿終えてきました。合宿中に1試合行うことができ、3TD獲得して勝つことができました。
オプションについても変更を加え、残る夏練で固めていく所存です。
夏合宿で顕著に成長が見られたのはRBの森久です。合宿中のある日、熱中症などで他の一年生が抜けていく中、D合わせのRBとしてプレーし続けていることで何かを掴んだようです。明らかに走り方が変わりました。

『D合わせで走った経験が生きている』といつも言っていた拓望さんの言葉を実際に感じた瞬間でした。
まだまだ荒削りですが、森久のこれからの成長に期待です!


■Narumi’s Eye「今週のオーディンニュース」

先日、一週間にわたる夏合宿が終了した。

ブログにもあるように、合宿中はずっと一緒なので、コミュニケーションをとるにも良い機会だ。

合宿中盤の夜、WRスタッフの廣瀬がパート中の雰囲気について悩んでいた。

一概に悪いとは言えないが、終始ピリピリした空気のときがある。
怪我をしているせいか、パートリーダーの中山が声を出すのを遠慮している気がする。
プレーに思い切りがない。

このままは駄目だ!と、すぐにパートの上級生を集めて、思いの丈をぶつけ、話しあっていた。

普段からパートについて中山と廣瀬が話しているところをよく見るが、今回廣瀬がきつそうに見えた。

言われる側はもちろんきつい。だが、言う側も相手を傷つけたり嫌われたりするかもしれない。きついし、意外と体力もいる。

それを恐れて結局見て見ぬふり…ということが多い。
そのせいで、放置して状況が悪化したり、部員をやめさせてしまったり、同じ過ちを繰り返していることがある。

関係が崩れる覚悟で、チームのためにはっきり意見を言う。

こういう強さが本当に必要だと、改めて感じた。


■広報部発「オーディンCM」

ついにリーグ戦の日程が決まりました。
広報活動は試合に足を運んでもらえることを目的としています。
日程が決まった今、これからの活動がさらに重要になってきます。
昨シーズンの観客の中で現役の家族は高い割合をしめていました。このことから現役の家族への呼び掛けは重要な活動のひとつと考えられます。
ということで、現役の家族への広報活動を日程のプリントを配布するという形で行いました。駅からの地図を掲載するというアクセスしやすさにも配慮しました。
このプリントが試合を見に来てもらえるきっかけになると信じて。

最後に、是非会場に足を運んでみてください。直接見るアメフトは魅力的ですよ。

※オーディン公式ホームページはこちら
http://bu-odin.com/index.html
※オーディン公式チームブログはこちら
http://blog.livedoor.jp/b_odin/

<広報部渉外局:金井洋太>


■徒然後記

この祭りの時期、屋台と言ったら「焼そば」であろう。
ただし、今日の「焼そば」事情はそう単純なものではない。今焼そばと言ったら、ただの焼そばだけでなくB級グルメと評されるご当地焼そばも同時に話題に上るだろう。

そのご当地焼そばの一つ「富士宮焼そば」がニューヨークの青空市で振る舞われたそうだ。町おこしで始まったものが全国区になり、さらに海外へ進出するとはものすごい快挙ではなかろうか。

そもそも、海外で「焼そば」という料理が認知されてるかも分からない。だが、これを足掛けに日本の「焼そば」が海外で流行れば日本人としては嬉しい限りだ。

また、日本のうどんチェーン「丸亀製麺」も最近ハワイに進出したという話を聞く。スシ、テンプーラ。後に続くのは、ウドン、ヤキソーバになる時代が来るかもしれない。


<文学部日本語日本文学科4年:菱木隆太>

さーて、来週のオースポZは?
〇社説
〇村越主将プロデューズ今週の主将賞
〇ディフェンス・オフェンスリーダーより
〇Narumi’s Eye「今週のオーディンニュース」
〇広報部発オーディンCM
以上を中心にお届けします。

「明日に向かってファーストダウン!」
オーディンは、未来を創るフットボールチームです。
来週もオースポZでお会いしましょう!
posted by 週刊オーディンスポーツF編集長 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。