2011年09月21日

週刊オーディンスポーツZ:Vol.115

■社説

こんにちは。
今週は我が主将が教育実習に行っているために、代行として3年の川崎が書かせていただきます。
実は現在もう一人の幹部の大類さんも実習に行っているので、幹部は自分一人という正直心細い日々が続いていますが、リーグに良いコンディション、気持ち、試合の準備等を行えるよう、何よりも先輩達が守ってきたチームを更によくしようと、残った上級生と奮闘しています。

*******************

ついに夏練も終わり、本格的にリーグという時期になってきた。 この時期になると練習一つ一つ絶対に無駄にできない。
特に今年は下級生がとても多いので、試合に向かう雰囲気を上級生がどう作り出すか、またしっかり下級生に伝えられるかが大切なのではないか。

また、秋学期からグランドの照明がついた。 若干ではあるがグランドの解放される時間が長くなった。
この時間をどのように使っていくかをリーダーはしっかり考えなければいけない。
このリーグ期は更に、試合に間に合わないものは思い切って捨てる勇気も必要となってくる。

必要な事の優先順位を明確にし、それを全体に落とし、ユニットとして試合で求められることを一人一人がしっかり実行することが勝利への道になるだろう。

※ご意見ご感想はこちら
odin_jimukyoku@yahoo.co.jp


■熱血漢!村越哲朗主将プロデュース「今週の主将賞」


主将賞:「上野佳樹」

上野は自分と同じDBユニットです。 また夏からFsに取り組んでいます。 高校時代は野球をやっており、現在のDBで高校野球上がりが自分と高井を含め3人になりました!
野球ではないDB特有のバックペダルの動きに日々取り組み、最近は相手体型に対してカバレッジのアジャストのチェックコールを入れるまでになりました。

ヒットやタックルにも臆することなく挑戦している上野を今週の主将賞にいたします。

※オーディン公式HP
メンバー紹介:「死ぬ気で頑張ります!」
上野佳樹のプロフィールはこちら
http://bu-odin.com/newcomer-egg.html


■ツープラトン元年!オーディン内戦時代突入!「ディフェンス・オフェンスリーダーより」

<ディフェンスリーダー:下机隆幸>
今週の24日(土)にある、大東文化大学との試合から2011シーズンのリーグ戦が始まる。

春からのこの7ヶ月の間、全てはリーグ戦で「勝利」するために練習に励んできた。

「努力は裏切らない」
逆に言えば、試合では今までやってきたことしか出ないということ。
自分達は、「試合で勝てる」と言えるだけの努力をすることが出来たのだろうか?
ディフェンスリーダーとして、そう言えるだけの「努力」をしてきたと確信している。
リーグの対戦相手は、どのチームも強い。うちと同じか、もしくはそれ以上の努力をしてきているはず。

「フィールドに立つ11人が、笛が鳴るまで足を止めない」

当たり前のことだが、これが出来るか出来ないか勝敗を分けることになる。
気持ちを前面に出して、ディフェンスチームのテーマである『勢圧』をフィールドで体現してやろう!!


<オフェンスリーダー:原田将>
今週の土曜日にはリーグ初戦vs大東文化大があります。
オフェンスのやることはTDを取ること。
これを実現するために春合宿から準備して、練習してきました。チーム目標である三部2勝を達成するために、まずはオフェンスメンツ一人ひとりが1つにまとまってTDを取るために全力を尽くし大東ディフェンスにぶつかってきます!!


■Narumi’s Eye「今週のオーディンニュース」

リーグ初戦まで一週間きった。
この時期だと、少しでも勝率をあげようとやることの優先順位をつけていくことが多い。

それは個人にも言えること。
誰から見ても伸び幅が少ないことを頑張っていても意味がないし、もし一人だけ今までと同じペースでやっていたらチームのスピードから遅れていく。

先日、スタッフの人数が少ない練習で、自分がいつもやっている仕事だけ済ませて、動きをとめていることがあった。
これはブログでも取り上げていたが、日曜は病院がやっていないのだが、プレイヤーが練習を欠席して病院に行ってしまうことがあった。

チームの一員の自分は、
今 何をすべきで
今 何を求められているのか。

逆に、自分がこれをすることによって、チームに良くも悪くもどんな影響が出るのか。

常に言われることだが、これからリーグに入る。
限られた時間にシビアにならないと、掴めるものも掴めない。

時間にチームに真摯になって、全員でまとまってリーグを突っ走りたい。


■広報部発「オーディンCM」

いよいよ今週試合です。
フィールド上で相手に勝つことも戦いですが、いかにお客さんに味方になってもらえるかも重要な戦いです。
どこの会場でもホームグランドのような雰囲気で戦えれば、ベンチやハドルのムードも高まってより勝利に近付くことができます。

過去に、チケット販売やグッズ販売で、対戦チームの関係者が買って行ったという話を聞きました。オーディンの方が活気があったので思わず買って行ったそうです。
そういうところも勝負です。
広報部としては1人でも多くのお客さんに来てもらって、喜んでもらえるか。そこも勝負です。

※オーディン公式ホームページはこちら
http://bu-odin.com/index.html
※オーディン公式チームブログはこちら
http://blog.livedoor.jp/b_odin/

<広報部渉外局:金井洋太>


■徒然後記

台風12号の豪雨で奈良、和歌山両県に出来た土砂ダムは、いつ決壊するか分からない緊迫した状況になっている。
その中で、122年前に出来た土砂ダムも再び現地住民への脅威となっているという。
その土砂ダムは、当時の大雨によって出来た53の土砂ダムの中で唯一決壊しなかったもので、現在まで残っていた。しかし、今回の豪雨特に次の台風15、16号による大雨による決壊が懸念されている。

土砂ダムは正しくは「天然ダム」と言うようであるが、その美しい響きが被災者の心情にそぐわないとの見解で報道などでは使われることはない。
美しい山でも、活火山であればいつ噴火してもおかしくない。今実態を知らずに美しく感じているものが、いつ牙を剥くか分からないのが自然の怖さであろう。
私たちは、自分のおかれている状況をしっかり把握して先を見越した意識を持たなくてはならない。それが、後の我が身を助けることになる。災害の頻発するこの年に、今一度肝に銘じたいものである。


<文学部日本語日本文学科4年:菱木隆太>


さーて、来週のオースポZは?
〇社説
〇村越主将プロデュース今週の主将賞
〇ディフェンス・オフェンスリーダーより
〇Narumi’s Eye「今週のオーディンニュース」
〇広報部発オーディンCM
以上を中心にお届けします。

「明日に向かってファーストダウン!」
オーディンは、未来を創るフットボールチームです。
来週もオースポZでお会いしましょう!
posted by 週刊オーディンスポーツF編集長 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。