2012年03月20日

週刊オーディンスポーツZ:Vol.140

■社説

シーズンが始まり、一ヶ月がたった。
春合宿から始まり、今は合わせの練習をやる段階までになった。

この一ヶ月でチームはどれだけ成長できただろうか。

練習初日、最高学年、井口の寝坊。
ずっと走ってろと一週間、永遠と練習中に走る井口を横目に練習が行われた。

連鎖する寝坊。遅刻。

自分含め、普段からの甘さが見事出てしまった始まりだった。

最近、練習後にリクルーティングのグループごとのミーティングをとっている。

リクルのイベント別にチームを組みどんなイベントにしていくかなどを話し合って決めている。

このグループリーダーは下級生やっている。

新入生と一番長く付き合っていくだろう新二年生のリーダー達が上級生の助言や提案を聞きながら、より良いものを作り上げようと試行錯誤している。
実際中間発表では春合宿の時に比べ、もの凄く意見が言い合えている。
自分の感じた事や、思った事を素直に伝えていく。
今のチームが凄く苦手だと思っていた事が少しずつ改善されてきている。

しかし、まだまだフィールド内の練習では、何が良くて何が良くないのかなど、ただ単に練習が進んでしまうこともしばしば。

そもそもリーダー内の練習の良し悪しの共有をしなければ、どうしなくちゃいけないのかが見えてこない。

まだまだより良い練習に持っていく要素を持っているだけにここからの行動をもっと意識してやっていく。

※ご意見ご感想はこちら
odin_jimukyoku@yahoo.co.jp


■悲しきヒットマン川崎将太主将プロデュース「今週の主将賞」


主将賞:「杉山智紀」

智紀は去年、自分が勧誘して入りました。
体が大きいだけありラグビー部からも勧誘を受けていました。

「ラグビーは走るんで入りません」っと言いアメフト部に入った智紀です笑

大きくておおらかな男ですが、最近はリクルでこいこい祭のリーダーをやるなど、率先して行動しています。

正直自分はいつ辞めると言い出すかとドキドキしていましたが、今は自ら色々な挑戦をしてこれがOLだといった象徴的存在になっています。

またこいこい祭の音源作りの為に電気屋の店長に詰め寄り、こうしたいんだ!っと訴えたという噂もあります笑

大人しかった自分を変えていき、挑戦している智紀を今週の主将賞にいたします!

※オーディン公式HP
メンバー紹介:
「負けたら終わりじゃない。努力をやめたら終わりだ。」
杉山智紀のプロフィールはこちら
http://bu-odin.com/roster-sm.html#68

■ツープラトン完全移行なるか?チーム内戦さらに激化!「ディフェンス・オフェンスリーダーより」

<ディフェンスリーダー:大塚康史>
こんにちは、大塚です。

春練も残り2週間となりました。
この春練の期間、Defense Teamとしては、
Defenseの動きの基礎、基本をメインの練習を行ってきました。

そして、その基本的な動きを組み合わせてDefense全体を作っていきました。

プレー面以外でも、パートリーダーの管理のもとシーズンを通して戦えるための体作りをしてもらいました。

筋トレをパートリーダーが管理することによって、パートでの団結力の向上や、お互いがお互いを高め合って共闘させる目的があります。
中でもDLリーダーの黒澤は、パートの面子で筋トレが終わっていない選手がいたときは、最後までその選手と一緒に筋トレに付き合ってやっていました。

さて来週3月27日には、去年から始まったDefense Teamの伝統行事となった、

【Defense春場所】

が行われます!

これは、現段階で『Defense Team最強の男は誰だ?』ということで小細工なしの、2pointからの1on1の押し込み合いを行います。

つまりこれは、セットから目の前のやつを倒すことによって勝敗を競い合うという真剣勝負なのです。

Defenseはキャリアーを止めるためには、HardなTackle(Hit)をしなくていけません。

そのためには、『相手をぶっ殺してやる!くらいの強い気持ち』が必要になって来るわけです。

勝負するからには上級生は上級生で絶対に下級生には負けられないというプライドがあり、普段からHitを専門にやっており体もデカいラインならスキルには負けられないというプライドがあります。

そうしたそれぞれのプライドのぶつかり合いがこの、

【Defense春場所】です!

4年生であり、体重67kg、DBの井口に話を聞いてみると、やはり『いくら体重が重かろうが、いくらラインであろうが絶対後輩には負けられない』といっていました。

来週の火曜(3月27日)、
文教大学第3グラウンドで、Defense Team最強の男が
決定します!

負けられない戦いがそこにはある。

オースポZの読者のみなさんも、この戦いには是非ご注目ください。
結果は次週お知らせします。


<オフェンスリーダー:原田将>
今は人数が少ない関係で、プレーサイドのみに人を配置した片面合わせをやっています。

メンツが足りない時は、自分がディフェンス入るほど足りないこともあります。

ですが水曜日の練習に多くのOBの方に参加していただけたこともあり、久々にオフェンス合わせの時間にオフェンスメンツを全員付けてプレーを合わせることができました。

QBとしてプレーを開始する前に全体を見渡した時に、オフェンスもディフェンスも左右両方のメンツがセットしている光景にゾクゾクしました。
より実戦感を感じることができ

「両方のメンツを全員付けて練習できる機会がある」

昨年は普通のことだったが、これは本当にありがたいことなんだと実感しました。

この練習を通じて人が多いことの良さを再認識しましたね。

もうすぐ勧誘も始まります。日曜日にリクルの企画でアメフトの魅力・オーディンの魅力をプレゼンするというものがありました。
みんなが思い思いのことをプレゼンし、聞いていた人が感想や意見を言っていく形式だったのですが、

「自分のパートに誇りを持ってその魅力を伝えていく」

ということを南が発言していました。

賢人はレシーバーというポジションに強い想いを持っています。
「レシーバーとして大事な場面で信頼されるプレーヤーになりたい。」という気持ちを聞いて「それならプレーヤーになるだけでなく信頼できるパートにしてもらおう」ということでパートリーダーを任せています。
パス合わせではレシーバーの中で誰よりもボールに食らいつく姿勢を見せてくれています。

うちはオプション主体のチームですが、試合では賢人をはじめとするレシーバー陣のパスキャッチにもご期待下さい!!


■泣き虫?田中の「今週のオーディンニュース」

3月16日に卒業式が行われました。
4年生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。

当日は写真撮影やマックドリル(ハンバーガーを全員で食べる)をしました。
最後に全員で写真撮影をしたあとは、これで4年生が本当にOB、OGになってしまうのだなと少し寂しい気がしましたが、4年生がいたときは…と比べられぬように頑張っていこうと思いました。


さて、話は変わりますが今スタッフの新しいブログ「TR・AMブログ」が設立されました。

広報部のHP局からは、
・TR・AMの専門性に特化したもの
・練習の報告
を内容として、チーム内とOBOGの方、ファンなどチームの外側に発信し、スタッフを知ってもらおうという意図の元に作られました。

しかし、専門性とは言っても、
・どんなことを書けば良いのかわからない…
・自分たちの仕事内容について書けば良いの?
・誰のために、何のために書いてるの?

等々、正直曖昧なことが多く困惑気味です。
HP局の田中と鈴木も良いブログにしていこうと一生懸命頑張っているところなのですが、そもそもブログとは何なのか、何のためにブログを書くのかという根本的な部分や物事を決める上での考え方がまだよくわかっていないのかなと思います。

最近鈴木とブログやオースポZなどの話をするのですが、ブログに関してはお前の担当なのだからお前がやれ、のような丸投げをされているのではないかと心配になりました。

下級生にはまず物事の考え方から教えていかなければならないと感じました。

こういった中、スタッフ全員とホームページ局の田中と鈴木を含めて話し合いをし、試行錯誤中です。

自分たちの専門性を出さなければという気持ちから、本来のスタッフの姿が失われているような気がしています。

スタッフはチームが勝てるようにそれぞれのサービスを提供する者ではないかと考えます。

それを踏まえて、スタッフの目標である、「チームが勝つために共に取り組んでいけるスタッフ」を達成できるよう取り組んでいきたいです。

※ブログもさらに充実!
オーディン公式ホームページはこちら
http://bu-odin.com/index.html

■勧誘・教育担当米田の「オーディン人材発掘!」

こんにちは!
いよいよ3月後半!勧誘本番が近付いてきました。

先日のミーティングでオーディン・アメフトの魅力をグループに分けてプレゼンをしてもらいました。
これを行う目的としては、一人ひとりがうちの部活の魅力を言葉にして伝えることができるようにするためです。
それはもちろんキャッチの時にも必要な力ですが、新入生をお昼や練習に連れて来た時に雑談の間にこういった話をすることによって、新入生を定着・そして入部へつなげるためにも必要な力になってきます。

「人に伝える」ということは本当に難しいことです。しかも伝える相手はアメフトをやりに大学に来たわけではない普通の新入生です。
うわっつらな言葉では新入生の心は動きません。

しかし!1週間考える時間を与えてのミーティングでは熱いプレゼンを聞くことができました。
なかでも印象に残ったのは新2年の山本と新3年黒沢のDLグループです。
山本は普段寡黙なタイプでなかなか感情を表にだすタイプではないのですが、DLの魅力を伝える時は熱かったです!
DLをやっていることに誇りをもっており、心からDLが好きだということが伝わってきました。

オーディンは大学からアメフトをはじめた人ばかりです。大学に来た目的がアメフトをすることではない人でも熱中できるチームです。

新入生のみなさん!是非一度うちのチームを見に来て下さい!一人暮らしをはじめて暇がある人は、第3グラウンドまで足を運んできてみてください。

<リクルート・教育部長:米田美佳>


■徒然後記

男子サッカーのロンドン五輪アジア最終予選の最終節が3月14日に東京・国立競技場で行われU-23日本代表が2-0でバーレーンを破った。

よって勝ち点15点のCブロック首位となって5大会連続、9度目の五輪出場の切符を手にしたのであった。

この出来事は全国のサッカーファンを感動と興奮の渦に巻き込んだ事であろう。

私もサッカーファンで見るのもやるのも好きなので大変嬉しい出来事である。

この件に伴い勢いの止まらないなでしこジャパンも既に五輪の出場を決めていて男女揃っての五輪出場となる。

今年のサッカー界は全面青で染め上げていくのか見物である。

さて、サッカー日本代表のイメージカラーは「青」、周りからはサムライブルーとも呼ばれている。
サッカーの話から逸れるがオーディンのチームカラーも「青」である。

我々もサッカー日本代表のようにファンや関係者と共にサムライブルーの如く一緒になって勝利の種を蒔いていきたいものである。

<文学部日本語日本文学科2年:鈴木翔太>


さーて、来週のオースポZは?
〇社説
〇川崎主将プロデュース今週の主将賞
〇ディフェンス・オフェンスリーダーより
〇泣き虫?田中の「今週のオーディンニュース」
〇勧誘・教育担当米田の「オーディン人材発掘!」
〇徒然後記

以上を中心にお届けします。

「未来に向かってファーストダウン!」
オーディンは、未来を創るフットボールチームです。
来週もオースポZでお会いしましょう!
posted by 週刊オーディンスポーツF編集長 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。