2013年01月17日

週刊オーディンスポーツZ:Vol.181

■社説
年も変わり、年末の衆議院選挙で勝利した自民党が政権の座に返り咲き、安倍総理もまた総理大臣に返り咲きました。

当時あれだけぼろカスに叩いて、もう政治生命も終わったなどと言われていましたが、なんてことはない、喉元過ぎればなんとやらです。
一方であれほど叩かれた民主党でさえ政権交代のときは支持率も高かったのです。

結局のところ、総理大臣などというのは誰がなっても同じことですね。
景気が悪ければ節約すれば良いだけの話ですし、生活は自分で守るのが当たり前です。
そんなことを他人に頼ろうとすることがそもそもおかしいのです。

総理大臣は誰がなっても同じ。そもそも日本のリーダーは天皇であって総理大臣ではありません。
決定権を持たない天皇が国と国民を総攬し、祈りを捧げる。
その元で国民一人ひとりが頑張って国を作る。
それが日本という国です。

もっとも、今の時代は駅にはエスカレーターやエレベーターまで設置され、公衆トイレは清潔。
手にはスマホを持ち、流行のファッションに身を包んで町を歩く若者。

全くもって景気など悪くないんじゃないでしょうかね。

私が子供の頃は携帯電話なんかありませんでしたし、駅は階段、エアコンもない。
服も兄弟でのお下がりは当たり前。靴下なんかも穴が開いたら母が繕って履いていましたよ。

景気など悪くないのです。私たちオーマニアは世間の風説に惑わされてはいけません。

では何が悪いのか。

今の世の中に足りないのは「希望」です。

先の大戦でアメリカに完敗し、原爆まで落とされて大虐殺を受けた。
そのアメリカに守ってもらってシコシコ金儲けに勤しんだ。

そんなやましいことをしていたツケが回ってきたに過ぎません。
そんなことをやっていたから、何が善くて何が善くないことなのか、どこに希望があるのかさえ分からなくなってしまったのです。

そういう混乱から秩序が不安定になり、自分に矛先を向けられるのが怖い。
だから権力者は景気のせいにしているだけなのですね。

安倍総理はニコニコ動画始めネットで自分の意見を拡散しているようです。

中国韓国を敵視し、マスコミを敵視しています。

かつて日本は「八紘一宇(はっこういちう)」という言葉をスローガンに掲げていました。
これは戦時中にのみ使われた言葉のように言われがちですが出典はもっと昔です。

『日本書紀』巻第三神武天皇の条にある「掩八紘而爲宇」から作られた言葉で、意味は「天下を一つの家のようにすること」つまり「世界が仲良くなるようにしよう」という言葉です。

その気持ちから、まずはお隣のアジアからということで第二次世界大戦中に大東亜共栄圏の建設の標語のひとつとして用いられたのですね。

まずはお隣さんから仲良くする。

これが大事です。

それなのに「保守政党」「保守派」「右翼」と言われる政治家が隣の国を敵視してアメリカと手を組もうというのは意味が分かりませんね。
今「ネトウヨ」と言われる若者が増えてきているそうです。
安倍総理はこのネトウヨからの支持を期待しているようです。

まったくおかしな話です。

まずはアジアが結束する。
そして自分たちの軍隊を復活させ、アメリカの軍隊には帰ってもらい、原爆を落としたことを一言謝ってもらおう。
そして世界が仲良くなろう。

私たちはそれが日本の「希望」ではないかと思います。

私たちオーディンも、まずは家族、そして大学、地域。
そこから大きくなっていきたいものです。

※ご意見ご感想はこちら
odin_jimukyoku@yahoo.co.jp


■今週のオーディンニュース
【モンスター軍新年会開催】
※その模様はこちら
井戸端おーでぃん
http://blog.livedoor.jp/odinurajimukyoku/archives/50802733.html

今回はOBモンスター軍主催の新年会でしたが学生チームからは主将の高井と安宅、福田両コーチも出席しました。
早くも6月のハッスル10に向けてヒートアップし、あわや一触即発といった状況でしたが、今回は審判の大長さんも出席していたこともあり、何とか事なきを得ました。
早くもハッスルに向けて始動するモンスター軍。両者の戦いから目が離せません。


■徒然後記
大阪市桜宮高校で体罰が繰り返されていたニュース。
アメフトはそもそもプレー自体が「体罰」みたいなもの。
痛くて怖くて苦しい。

オーディンには体罰はない。
だって防具着てるから叩いたら手の方が痛いもん。

でも体罰がないから良い指導という訳ではない。

体罰の指導も言葉の指導も「相手を考えないでする」というのが良くないのだ。

でも試合で対戦相手は「相手のことを考えて」来てはくれない。
それは社会に出ても同じこと。

そこで戦えるようになるために、
大事にされない訓練をした方が良いのか、その日のエネルギーのために「大事にしてあげる」方が良いのか。
そこは難しい所だなあ。

<文学部日本語日本文学科卒業生:福田勝之>

さーて、来週のオースポZは?
〇じっくり準備の時期です
○オーディンニュース「高木コーチにしごかれて脱落者続出か」

「未来に向かってファーストダウン!」
オーディンは、未来を創るフットボールチームです。
来週もオースポZでお会いしましょう!
posted by 週刊オーディンスポーツF編集長 at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。