2013年07月04日

週刊オーディンスポーツZ:Vol.205

■社説
※今回の内容は、ハッスル前の週の記事となっています。

時の経過は早いものだ。

ついこないだまで勧誘期であったのが、もう前期総括を間近に控える時期となった。

前期総括とは、4月に行った勧誘期から6月最後のハッスル(OB戦)までの期間で、どのような結果が出て、どのような課題が出たのか各部署、ユニット毎にまとめ共有し、リーグ期間までにどう調整していくか考えるものである。

そして、ODINは文武両道のチームではなく、学業優先のチームであることを再認識する機会でもある。

前期終了後からは練習が、週5日から週2日へと変わり勉強に力を入れていく。

前期終了を気持ちよく迎えるためには、大きな壁を崩さなければならない。

大きな壁…

ハッスル(OB戦)だ。
ハッスルは今年で10年を迎える。

まずは、OBの方々が、遠方からチームのために体を張ってくれることに感謝しなくてはならない。

その上で、徹底的に勝ちを取りに行く。

ハッスルまでの残り少ない期間で、どれだけレベルアップを図れるかが鍵となる。

チームの役割、個々の役割をもう一度確認するODINである。

※ご意見ご感想はこちら
odin_jimukyoku@yahoo.co.jp


■褐色のロンリーウルフ高井俊幸プロデュース「今週の主将賞」


主将賞「安原大史」

安原はオフェンスラインとして活躍する1年生です。
安原は美術専修ということで、実技授業が行われるため、練習に遅刻して参加することが多々あります。

最初は、あたり前のように遅刻してきて、あたり前のように練習に参加していました。

しかし、ある日安原に呼ばれました。
「少しお話ししたいことがあるのですが。」と。
何かと思い話を聞いてみると、
今のままでいいのか?ということでした。

練習に遅刻してきて、残りのメニューを一緒に行う。
これで果たしてチームに貢献できているのかと。

安原の良いところは常に学ぶ姿勢があるといことだと感じます。

わからないことがあれば、すぐに聞きにやって来て自分が納得するまで離れない。

チームのために自分は何をしなくてはならないのか、何をするべきなのか、周りの意見を聞き、学び続けることを止めない安原を今週の主将賞とします。

※『練習一つ一つを大事にして一回一回をだれよりも内容の濃い時間にする。 』
安原大史のプロフィールはこちら
http://bu-odin.com/2013newmember.html


■ツープラトン体制でハッスルに向かう「ディフェンス・オフェンスリーダーより」
<ディフェンスリーダー:安川輝塁>
6月30日、文教大学第三グランドにてOB戦、ハッスルが開催された。

OB軍には先輩としての意地が、現役としては越えなくてはならない壁として火花が散った。

試合前、遠方より本当にたくさんの方々がご来場され、いよいよ試合までの雰囲気が高まっていく。

現役はこの日のため通常の練習の他にも昼休みを使ってアサイメントを確認したり、動きの確認を行ってきた。

前期の目標も打倒OB軍とし、試合までの練習でも士気をあげていった。


午後1時30分。Kick Off

序盤からOBのインサイドのランプレーが止まらない。ずるずると出され続ける。
後半も同様に。。

終わってみればディフェンスは被タッチダウン3本。

力負けである。

悔しいが、まず考えるべきは個人の悔しさと共になぜチームとして負けたかだろう。
試合に臨むまでの過程はどうだったのか、試合中なにが決定的に出された原因だったのか。
前期の終わりにリーグ迄に消化すべき事がこれで山ほど明確になったはずである。

すべてにおいてマイナスばかりの試合であった訳ではない。
1年生DEの西澤は初めて1試合を通してフル出場を果たし、LBの小山は随所で気のあるプレーを見せていた。
DB陣は持ち前の運動量と思いっきりのよさで、OB軍にモメンタムが傾きかけようとした場面では、それを断ち切るタックルを見せていた。
そういったプレーがあったぶん尚更、フロント、ボックス陣の台頭が欲しかった。

リーグまで残り三ヶ月。
やれることは限られてくる。
しかし、望みがないわけではない。

チームとして、個人としても変革し、3部3勝に向けて邁進していく。


<オフェンスリーダー:中山裕之>
OB戦は、4本対0本で完敗でした。
オフェンスでは、アジリティーやクイックネスやパワーなどのフィジカルの問題から、情報処理の問題など、多岐にわたる課題が出ました。
前期総括までに問題をはっきりさせ、克服する手段を明確にしたいと思います。
そして、7月の練習から1つ1つの問題と向き合っていかなければならないと思います。

7月は本当に難しい時期だと思います。学生にとってテストを受けて単位を取ることは、卒業するため、望んだ進路に進むため、必ず行わなければいけないことです。

しかし、だからといって日々のトレーニングをさぼってしまえば、準備期間あけに絶望的な結果となり、リーグに間に合わなくなってしまいます。
しかし、難しい時期ではありますが、大きなチャンスでもあります。
なぜなら、日々取り組めなかったトレーニングに取り組む時間があるため、自分の弱点に集中的に取り組み、克服するチャンスでもあるためです。

この7月という難しい時期をプラスにするために大切なことは、自己責任にしないことだと思います。
何が出来ていて、何が出来ていないのかをしっかり話し合い、一人一人が自覚する事だと思います。
そして、明確にしたやるべきことを、ひたすら取り組んでいく必要があると思います。


■ひっそりからしっかりへ、田中の「今週のオーディンニュース」

6月30日、第3グラウンドにてOB戦が行われました。
結果は負けでした。

本当に悔しかったです。
試合直後はそれだけでした。

しかし、終わりの合同ハドルで、啓樹さんが、1週間前の日曜のアフターを使っていない時点で負けは決まっていたということを告げられました。

負けた身なのでもう何を言われても仕方ないなと思いました。

敗因は多々あると思います。
毎回のことですが、原因をしっかりと洗い出すことはもちろん、基本の基本からもう一度見直すことも必要なのかなと感じました。

OB戦は負けてしまいましたが、負けてしまったからといって、秋のリーグで1勝もできないということが確定したわけではないと思います。

この悔しさをバネに、準備期間中をどう過ごすかで変わってくるのではないでしょうか。

スタッフももちろん、もう一度自分自身の考えや行動を見直して、さらに成長できるよう真摯に取り組んでいかなければなりません。
チームが3部3勝するために自分たちに何が出来るか、しなければならないのかを、気づき・考え・行動していきます。


■山が動いた!「杉山智紀の勧誘・教育日記」
こんにちは!

6月30日、文教大学第3グラウンドにて前期の集大成である、OB戦が行われました。

そのOB戦で、1年生たちも試合に出ていました!
今年の4月に一年生はアメフト部オーディンに入部をし、まだアメフトを始めてから2、3ヵ月しか経っていませんが、今回のOB戦では活躍をしていました!

ビフォアやアフターで、各パートの上級生と一緒に必死に練習をしている光景を見かけました。

また、昼休みなどもアサイメントの確認やキーリアクションなど動きの確認も行っていました。一年生にとっては、この数ヶ月間はアメフト漬けの毎日だったのではないかなと思います。

7月に入ると、今まで週5で行っていた練習が、テストの関係もあり、週2の練習に変わります。
オーディンの活動方針として、学業優先というのがあります。

まずは、しっかりと単位をとることが重要です。

ただ、この期間はオフの時間が多くなり、部活の人間と関わる機会が少なくなります。
そのため、普段からコミュニケーションをとることが重要になってきます。
学食での関わりや、パート会などの集まりを大切にして、今年のリーグ戦までに一人も欠けることのないようにしていきましょう!


■徒然後記
『Dr.スランプ』や『ドラゴンボール』の生みの親として知られる人気漫画家の鳥山明氏が、『週刊少年ジャンプ』で13年ぶりに新連載をスタートさせることが明らかになった。

タイトルは『銀河パトロール ジャコ』。物語の詳細は明かされていないものの、登場キャラクターもすでに公開されている。連載は13日発売の33号からスタートする。

鳥山氏は今までドラゴンボールなど派生作品は勿論、大人気シリーズ『ドラゴンクエスト』のキャラクターデザインなど幅広い分野で活躍している。

13年ぶりの新連載漫画がどこまでヒットするか、どこまで鳥山ワールドの虜になるか見ものである。

連載もので関わるのがこのオーディンスポーツZの存在だ。
今では200回以上連載が続いている。
これもオースポを楽しみにしているファンや興味を持ってくれる読み手の存在がいるからこそこうして連載する事にも意義があるのだろう。

オースポの記事を書く身としても、幅広い世代に読まれ親しんでもらえるような記事を書けるようにこれからも心掛けていきたいものである。
<文学部日本語日本文学科:鈴木翔太>

さーて、来週のオースポZは?
〇社説
〇高井主将プロデュース「今週の主将賞」
〇ディフェンス・オフェンスリーダーより
〇ひっそりからしっかりへ田中の「今週のオーディンニュース」
○山が動いた!「杉山智紀の勧誘・教育日記」
〇徒然後記

「未来に向かってファーストダウン!」
オーディンは、未来を創るフットボールチームです。
来週もオースポZでお会いしましょう!
posted by 週刊オーディンスポーツF編集長 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。