2013年09月26日

週刊オーディンスポーツZ:Vol.213

■社説

ついにリーグ戦を迎えた。

春先からこの日のためにたくさんのことを積み重ねてきた。
アサイメント、フィジカル、備品管理など、挙げればいくらでも挙がるほど多くのことを積み重ねてきた。

これは今年に限らず来年以降にも大きな土台になるはずだ。

初戦の相手は首都大学東京。
4年連続で戦っている相手だ。

先に結果だけを言ってしまえば7ー34で敗戦した。

細かい反省は、オフェンス、ディフェンス、スペシャルから出されるのでここでは挙げないが、一言で言えば自滅だった。

初戦には多くの方々が遠方から会場へ足を運んでくださった。
本当にありがたいことである。
今後も多くの方々に応援される、応援したいと思って頂けるようなチームにしていく。

今回の試合で得たものは非常に大きい。

今後、リーダー陣の行動が鍵となるODINであった。

※ご意見ご感想はこちら
odin_jimukyoku@yahoo.co.jp


■褐色のロンリーウルフ高井俊幸プロデュース「今週の主将賞」


今週の主将賞「徳永一士聖(ひじり)」

徳永はQBの3年生です。また会計部としても活躍しています。

徳永の良いところは、自ら考え発言できる点です。言われたことに対してしっかりと考え、疑問があればすぐに聞いてきます。

春先から比べると驚くほど成長しています。
もちろん動きやすい立場であるというのもあるかもしれませんが、それでも確実に成長し続けています。

QBとしてもプレーコールを入れたりと、常に周りを観る能力が求められています。

自ら考え発言できる徳永をまた、自ら考え行動できる選手になれるという期待を込めて徳永を今週の主将賞とします。

※『楽しんだもん勝ちや 』
徳永一士聖のプロフィールはこちら
http://bu-odin.com/roster-sm.html#10


■ツープラトン体制でハッスルに向かう「ディフェンス・オフェンスリーダーより」
<ディフェンスリーダー:安川輝塁>
リーグ初戦の首都大学戦はオフェンス、ディフェンス共に踏ん張れずに負けてしまった。

ディフェンスは特に細かく止めつつも、ここぞと言う場面での一本抜けのロングゲインで相手オフェンスを止めることができなかった。

ランディフェンス、パスディフェンス両方に多くの課題を残したゲームになってしまった。

しかし、この敗戦をただの敗戦で終わらせてはいけない。
試合後の飲み会で多くのメンバーが各々に感じたこと、考えてることを話して、次の成城大学戦は今回の首都大学戦よりも更にハードな試合になると思う。

リーグ戦であるため、次戦への限られた時間のなかで何をどうしていくのか。
優先順位を、つけて課題と対策に取り組んでいく。

試合後の全体反省会ではLBの宮崎、DBの上松、小島をはじめ質問が飛び交った。

3部3勝の道は険しくなったが、この目標はぶらさずに残り2週間。
とにかく自分達のディフェンスを貫き、勝利に貢献できるよう邁進していく。


<オフェンスリーダー:中山裕之>
中山さんが教育実習のため、代わりに今週のオフェンスの記事を書かせ頂く♯25SB森久哲也です。

9月22日にリーグ戦第一節、首都大学東京戦が行われました。
遠い場所でしたが、多くの方々が応援に来てくださりました。本当にありがとうございます。
しかし、7-34で敗戦という結果でした。

今回、ダイブ等の基本プレーを止められ、ファンブルで相手の得点につながる結果を起こしてしまう場面もありました。

しかし第2Q、♯11WR南のハドルでの「これはいける!」というメッセージを受け、♯6QB北原が投げ込んだ結果、見事パス成功となりました。
これがTDとなり、TFPも決まり7点を獲得しました。
♯7WR中山さんのパス成功も多くありましたが、結果としては1TDでした。

リーグ初戦勝つことを目標としていた今回の試合結果を真摯に受け止め、克服し、チーム目標である「三部三勝」に向けて、対策をしっかり練っていきます。

自分達Odinオフェンスのフットボールを行い、オフェンスから流れを作れるようにしっかり反省を出し、改善し、次節成城大学戦に準備していきます!


■ひっそりからしっかりへ、田中の「今週のオーディンニュース」

9月22日(日)、第一節首都大学東京戦が行われました。

私自身は公務員試験のため、参戦出来ませんでしたが、試合後の飲みのときに、様々な話を聞き、愕然としました。

遅刻者が2名出てしまったことや、スタッフのたくさんの反省点、試合結果などです。

試合結果としては、7-34で負け。

4年間の中で、首都大学東京には3勝1敗で終わりたかったと個人的には思っていました。

去年、一昨年と首都大学東京に勝利しましたが、天候は雨でした。パスプレーが強いチームだから、やはりまぐれなのかという考えも正直ありました。

今シーズンの天候は晴れでした。
そして、首都大学東京はホームでの戦い。その点がある程度有利となった部分もあったのだと思いますが、ここで勝つことが出来ていれば…という思いにかられます。

日頃から、【練習で出来ないことは試合でも出来ない】と言われ続けてきました。

それがこの初戦で露呈したのではないかと思いました。

負け試合なのにも関わらず、だらだらしていたり、へらへらしていたり…

茅野や広瀬と話したところ、やはり3.4年生のリーグに対する想いや気迫、存在感が足りていない、伝わっていないのだという結論になりました。


いつもどんなときも強く、周りを引っ張っている茅野が、すごく悲しい思いをしたと言っていました。

その場にいなかったため、どんな状況だったのかはっきりとはわかりませんが、このままの状態では入れ替え戦も危ぶまれるのではないかと思います。

スタッフとしての仕事の準備だけではなく、心の準備も必要だと感じます。

同じ反省が二度と出ないように行動していきます。

次節、10月6日(日)成城大学戦はホームでの試合です。成城大学は東京経済大学に90得点をしているチームです。

今年3部へと降格してきました。
おそらく、2部昇格を目指し、昨年の桜美林大学同様、全勝を狙っているのではないかと思います。

厳しい戦いになることが予想されますが、勝ちに行く姿勢でのぞみたいと思います。


■山が動いた!「杉山智紀の勧誘・教育日記」
こんにちは!

9月22日の日曜日に、2013シーズンリーグ戦の第1戦が行われました。
結果をいうと、負けでした。
非常に悔しいです。
ただ、すぐ切り換えて次の試合に向かっていきます。

リーグ期になると、試合に集中しがちになってしまいますが、それ以上に周りとのコミュニケーションがとても重要になってきます。

特に試合に出れない下級生は、チームに疑問や不満を持ってしまいがちです。

そういうときに、より広い視野を持って行動することが必要です。
たとえば、練習後に一緒にご飯を食べに行ったりして話を聞いたり、学食で話をするのでもいいと思います。

最近思うことが、学食に上級生がいるのが少ないことです。
灯台もと暗しではありませんが、学食のような身近な所のコミュニケーションがとても大切です。
前もこういったことを書かせてもらいましたが、自分が一年生のときは、学食には3,4年生の誰かが必ずと言っていいほどいました。

それだけでも、とても安心感が自分にはありました。

もちろん全員とは言いませんが、来れる人は学食に来て、下級生とコミュニケーションをとるようにしていきましょう。

そして、全員でリーグ戦臨んでいきましょう。


■徒然後記
「お前らのやってることは全てお見通しだ!」の名台詞(?)で知られる、仲間由紀恵、阿部寛主演の「TRICK」が来春再び映画化されることが決まった。

この「TRICK」は仲間由紀恵、阿部寛が無名時代に深夜枠で放送されたドラマである。
当初は全く注目されていなかったのだが、両氏の体を張った演技が視聴者の心を掴み、ついにはゴールデンタイムで放送され、映画化も決まり、ご存じのとおり2人はスターダームにのし上がった。

一方でシリーズが進むにつれ、両氏も売れっ子になり、スケジュール調整がつかなかったり、演技もどことなくハングリーさが失われ、初期からのファンにとっては何とも物足りない状況になってしたのも事実であった。

しかし、時は流れ、主演の仲間由紀恵も「旬」を過ぎ、今では脇役ヒロインの役柄も引き受ける立場になった。

そんな状況での「TRICK」である。
宣伝を見ると当時の仲間由紀恵を髣髴とさせるようなハングリーな演技が蘇ってきたようだ。
これは非常に楽しみである。

人生、良い時もあれば落ち目の時もある。
落ち目の時にいかに踏ん張れるか。
そこにその人間の生き様があるように感じられてならない。
そう、所戦で大敗を期したオーディンも、今が真価が問われる時なのだろう。


<文学部日本語日本文学科OB:福田勝之>

さーて、来週のオースポZは?
〇社説
〇高井主将プロデュース「今週の主将賞」
〇ディフェンス・オフェンスリーダーより
〇ひっそりからしっかりへ田中の「今週のオーディンニュース」
○山が動いた!「杉山智紀の勧誘・教育日記」
〇徒然後記

「未来に向かってファーストダウン!」
オーディンは、未来を創るフットボールチームです。
来週もオースポZでお会いしましょう!
posted by 週刊オーディンスポーツF編集長 at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。