2013年11月01日

週刊オーディンスポーツZ:Vol.218

■社説

今週ODINのOBが多く所属する社会人アメリカンフットボールチーム、サンダーバーズとの合同練習が行われた。

台風の影響もあり始めは天候も思わしくなかったが次第に回復していった。

以前行った春先の合同練習では、へらへらしながらプレーしている選手がいたりと緊迫感のないものとなってしまった。

しかし、今回は違った。
試合が間近に控えているということもあるかもしれないが、試合を想定してプレーを行うことができた。

だが、まだ1プレーに甘い。

以前集中しろということは集中しないことだと伝えた。これは各著名人も口にしていた。
前回お話した通り、練習では 「一」を意識しながら取り組んでいる。

これを本気になって全員が考えることができたなら目標達成は近づいてくるであろう。

残りの練習、試合、共に少なくなってきた今目の前の練習、試合に全力を注ぐODINであった。
※ご意見ご感想はこちら
odin_jimukyoku@yahoo.co.jp


■褐色のロンリーウルフ高井俊幸プロデュース「今週の主将賞」


今週の主将賞「宮崎優」

宮崎は今シーズンDBからLBへとコンバートした2年生です。
以前だんだんと周りが観られるようになってきたお話しましたが、最近ではそれだけでなくチームを引っ張ろうと努力しています。

先日の練習ではガイダンス等で人数が集まらない中での練習となりました。
また、どの部活も練習がなくグランドはODINの貸し切りとなっていました。
人数が少ない練習は、人が少ないからしょうがないと決めつけてしまっているように感じることがあります。

しかし、宮崎は違います。
人が少ない時こそ人1倍声を出し引っ張ろうと努力しています。
プレーにおいてもアドバイスの声が飛び交っています。

1年生の時はもちろん2年生の春に比べると確実に成長し続けています。

自分のやるべきことがわかり始めた宮崎を今週の主将賞とします。
※『行くぜ! 』
宮崎優のプロフィールはこちら
http://bu-odin.com/roster-sm.html#18


■ツープラトン体制で共にリーグ戦を戦う「ディフェンス・オフェンスリーダーより」
<ディフェンスリーダー:安川輝塁>
早いもので今シーズンの試合も残すところあと二試合となった。

しかしまだ、オーディンの目標が達成されたわけではない。
【3部3勝】この目標のもと今シーズン練習に励みんできた。

毎年言われることだが、一勝したあとのゲームはやりきれないゲームになってしまうことが多い。
現在1勝2敗。
目標達成のためには絶対に落とせないゲームであることを今一度みんなは認識して、立正大学戦をチーム一丸となって勝ちにいこう。

また次の試合は今年のホームゲーム最後のゲームである。

荻島地区の方々や大学の友人など沢山の人達が来てくれる。
この試合だけではないが、自分達を支えてくれた人たちへの思いを胸に、最後まで勝利に向かってひた走ろう。

ディフェンスチームとして全力でチームの勝利に貢献し、チームに勢いをあたえられるようなハードヒット、ハードタックルで相手を、フィールドを勢圧してやろう!


<『新人事』オフェンスリーダー:徳永一士聖>
今週も徳永が実習中のため、南が代行します。

今週の日曜日、11/3に立正大学戦を控えています。
先週社会人チームのサンダーバーズさんとの合同練習がありました。
サンダーバーズさんとは前期のOB戦前にも合同練習をさせていただきました。
その時、オフェンスはランプレーも、パスプレーもまったく出ませんでした。合同練習でとてもふがいなかったことを思い出します。

今回の合同練習では、結果から言うとプレーは出ました!
課題はたくさん出ましたが、タッチダウンプレーもあったりと手応え等は感じれたのではないでしょうか。

対立正戦、3部3勝に向けて絶対落とせない試合。
自然と合わせ等でもリーダー陣をはじめとし、課題があることから練習中に求めることや、ミスした部分への対処、ポジションごとにそういったことが多くなり、少しばらつきがでてしまったりと目の前にとらわれすぎて、ハドルでの集散が遅くなってしまうという場面が多々ありました。

練習でおこるうる目の前だけの問題にとらわれず、全員がプレーのことや、ひとりひとりの状態などを気遣い、自分たちのオフェンスをして立正から点を獲って勝とう。


■ひっそりからしっかりへ、田中の「今週のオーディンニュース」
第4節立正大学戦まで1週間を切りました。MAX練習は10/29現在で残り2回です。

次の試合は今シーズン最後のホームの試合です。

そして負けることができない試合でもあり、すごく緊張しています。



練習は雨が多かったような気がします。
前回は天候に左右されたスタッフですが、その反省を活かせるような練習が出来たのではないかと思います。


天気予報では日曜は晴れのようですが、もしまた雨が降ってしまった場合、同じ反省が出ないよう、しっかり想定して準備していきます。


4年生にとってのリーグ戦は残り2試合となりました。3部3勝まで残り2勝です。

3部2勝を経験しましたが、3勝は経験したことがありません。
1勝することがこんなに難しいものなのかと、心が折れたこともありました。


2勝したチームをもう一回り大きくして引退を迎えたいと、そう感じます。


残り2戦、悔いの残らないよう行動していきます。

最後のホームでの試合、たくさんの応援が必要です。
ぜひ、第3グラウンドまで駆けつけて頂きたいです。
応援よろしくお願いします。


■山が動いた!「杉山智紀の勧誘・教育日記」
こんにちは。

今週、11月3日の日曜日には今シーズンリーグ戦第4節立正大学戦が行われます。
この試合は、自分達のホームである文教大学第3グラウンドで今シーズン行われるリーグ戦最後のホーム戦でもあります!

自分達にとって、応援というものは力にかわります。もしご都合があいましたら、文教大学第3グラウンドまで足をお運びください!
よろしくお願いします!

話は変わりますが、自分はよく学食についてを書きます。
前までは、上級生があまりいないといった内容を書いていましたが、最近は上級生の姿をよく学食で見かけます。
自分のイメージですが、上級生が学食にいる機会が増えているので、下級生も多くいるように思えます。

やはり、下級生にとって居場所を作ってあげる、その上でたわいもない話をする。

こういった身近なことがとても大事だと改めて思います。

今後も継続し、全員で残りのリーグを戦っていきましょう!


■徒然後記
11月2日に東京・秩父宮ラグビー場で、「オールブラックス」と称されるラグビーのニュージーランド代表が、「ブレイブ・ブロッサムズ」こと日本代表と対戦する。
日本でのマッチアップは実に26年ぶりだそうだ。

日本代表にとってオールブラックスとの試合は過去に4回行われていたがいずれにしても惨敗、日本にとっても戦いたくない相手である事に違いないだろう。
相手に145失点された試合を機にラグビーに対して負の感情が芽生えるくらいだからだ。

しかし、26年ぶりのマッチアップは日本からしても絶対に負けられない試合になるだろう。
世界1位と世界15位との戦い、勝負の世界ではどちらが勝つかも見当がつかない。
きっと面白い試合展開になることだろう。

さて、リーグ戦早くも終盤である。
チームにとっては負けられない試合が続く。
1日の時間を大切に、勝ちに繋げられるよう残りの日数行動していく。
<文学部日本語日本文学科:鈴木翔太>

さーて、来週のオースポZは?
〇社説
〇高井主将プロデュース「今週の主将賞」
〇ディフェンス・オフェンスリーダーより
〇ひっそりからしっかりへ田中の「今週のオーディンニュース」
○山が動いた!「杉山智紀の勧誘・教育日記」
〇徒然後記

「未来に向かってファーストダウン!」
オーディンは、未来を創るフットボールチームです。
来週もオースポZでお会いしましょう!
posted by 週刊オーディンスポーツF編集長 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。