2014年05月13日

週刊オーディンスポーツZ:Vol.233

■社説
整理整頓。小学生の頃から、ずっと言われ続けてきた言葉ではないだろうか。

部屋の乱れは心の乱れ、といった言葉もよく聞くだろう。

アメフトで試合に勝つために絶対的に必要な相手チームのスカウティング、日々の練習の出来て来たところや、出来ていないところを見直すために撮っているビデオカメラ、SDカードが紛失した。
原因も不明である。全員で捜索しても見つかることはなかった。

部屋を掃除してみれば、出てくる大量のゴミ、アイシングの袋の使い捨て、練習着の脱ぎ捨て等、とてもじゃないが整理整頓のカケラもない。
アメフトをやる資格、こんなチームが大きく、強く、人から応援されるチームになるのだろうか。

OBの鈴木祥平さんにも大部屋のゴミについても言われた。
誰が見ても身の回りが整えられている状態ではない。

昨年の「あたり前のことをあたり前と考えない」をもう一度見直す必要がある。

自分は関係ない、では今シーズンの最終形態「想いが連鎖するチーム」も程遠い。

部屋の乱れ、チームの乱れを受け止め、ひとりひとり一つの行動から変え、見た目から変えていこう。
※ご意見ご感想はこちら
odin_jimukyoku@yahoo.co.jp


■世界を旅するプリンス(?)南賢人プロデュース「今週の主将賞」

主将賞「中島 未散」
中島は今年トレーナーリーダー、コミュニティリーダーを務める三年生です。
昨年の中島の印象としては、自分のこと、他チームのことは「わからないから出来ない」ということが多かったです。
また、思うこと、考えることが多くとも、前に出て発信するということが少ないスタッフでした。

今シーズンが始まって、リーダーを務めるようになり、春合宿、春練を乗り越え、リーダーとして「なんでこれじゃだめなのだろう」と考え、物事を追求する行為や、トレーナーリーダーとして、日々の練習のストレングス(走り込みのメニュー)においてはかつてストレングスリーダーを務めていたOBの飯塚久史さんが練習に来てくださったときに詳しくどんなことをやっていたか、なんの意味をもってして行なっていたか等を聞いていました。

そういったことから、最近ではストレングスメニューにおいて気をつけてほしいところを全体に発信し、メニューを行なっている最中も声を出して「伝える」ということ意識しているように見えます。

リーダーとなり、わからないことが多いからこそ貪欲に吸収する。
チームを客観視し、足りないところを観ること、それにプラスして発信力も共に身につけ、日々成長している中島を今週の主将賞にしたいと思います。
※『Never say never!』
中島未散のプロフィールはこちら
http://bu-odin.com/roster-sm.html#001


■組織力のツープラトンで勝負「ディフェンス・オフェンスリーダーより」
<ディフェンスリーダー:山本晴也>
新入生のポジションも決まり、新たなディフェンスチームとしてスタートを切った。
今シーズン初めての試合がもうすぐそこに迫っている。禊ボウルから、春練を経て、どこまで成長できたか、今シーズンのチームは現状、どこまで戦えるのかを試す貴重な機会である。

毎回、ディフェンス合わせで、次はこうしてみる、もっとこうすると工夫してやって来た成果が、試合という分かりやすい形で確認できる。
一週間程度で、試合はやってくる。練習から、相手を意識して一本一本大切に練習していきたい。

最近の合わせでは、上松や宮崎から、ハドルから盛り上げようという声がよく出ていて、ハドルブレイクの声も大きく、勢いのあるものになっている。ディフェンスチームが掲げるテーマ、勢圧を少しずつ体現できて来ているのではないかと感じている。
一回の練習、一回の試合、1プレー1プレーを大切に3部3勝に繋げていきたい。


<オフェンスリーダー:徳永一士聖>
こんにちは!
♯10の徳永一士聖です!!

ついに荻島ボウルの日程も決まり、いよいよだなという感じです。
もう5月に入り、6月は荻島ボウル、8月に夏合宿があり、それが終わるとすぐリーグ戦です。
本当にあっという間に過ぎていってしまうので、4年生として何かチームに残していけるように努力していきます!!


さて、先週は1年生のポジションも決まり、オフェンスにも新たな仲間が増えました!!

OLに柴田祐希、堺隼
FBに宜春隆浩、酉田浩司、TRの木幡美里
SBに綿沼正伸、池谷祐亮
WRに沖村亮太、高橋孝次
QBに天野雅英、AMの諸岡志穂

です!!
1年生も含め、全員でより強いオフェンスにしていきます!


■イケメン亀田の「今週のオーディンニュース」

オープン戦まであと2週間を切りました。
1年生もポジションが決まり、パートの1人として練習に取り組んでいます。

スタッフもユニット、パートが決まりました。

TR 木幡美里(FB)

AM 設楽愛花(DB)
諸岡志穂(QB)
野元紗季(LB)

です。

これから、このユニットに分かれて活動していきます。

スタッフの仕事が出来るようになってから
徐々にユニットに特化した仕事に取り組んでいきます。

今は真新しいことばかりで楽しいことが多いかもしれません。しかし、仕事が出来るようになるにつれ、楽しいことだけではなくなっていくと思います。
そう感じたとき、上級生スタッフが話を聞いたり、話をしたりすることが大切なのではないかと思います。

スタッフの人数が少ないため(特にAMは)、どうしても新入生に求めるものが高くなってしまいます。
ただ求めるだけではなく、新入生と上手くコミュニケーションをとりながら教育していきたいと思います。


■オーディンの校長先生!「杉山智紀の勧誘・教育日記」
こんにちは!

まず初めに今週、新たに仲間が一人増えました!

名前は鈴木悠太(すずきゆうた)です。
今までラグビー部かアメフト部かで相当悩んでいましたが、アメフト部で4年間頑張るという決断をしてくれました!
プレーヤーは、15人となり、スタッフの人数も合わせて19人となりました!!
非常に多くの新入生が入部してくれました!

こんなにも多くの新入生が入部してくれたのは、自分達現役の力だけでないと思います。

新入生をお祝いするためのイベントを開くために、その費用をOBOGの方々の寄付金から出させて頂き、開催することができました。

あるOBの方が練習に来てくださったときに、オーディンに入部してくれた新入生達は、自分の後輩には変わりないから責任を持って面倒を見ていく、ということをおっしゃっていました。

この言葉を聞き、こういった力強い先輩方が自分達にはいるということを改めて感じました。
それと同時に、なんとしてもその期待に自分達現役は答えなければならないと思いました。


入部させた以上、一人一人に責任があります。
一年生の不安、悩み等を普段のコミュニケーションからとり、共有をしていきましょう。
それが、想いの連鎖に繋がります。

個人としても、チームとしても強くなり、成長していきましょう!


■徒然後記
5月に入り、GWを迎えたが皆様はどう過ごしているだろうか。
実家に帰って休養か、バイトか、練習、友人との娯楽か…過ごし方は人それぞれだろう。
そんなGWも終わりが近づき、全ての生活がリスタートされる中、日本アメフト界で底知れぬ盛り上がりを魅せている。

そう、社会人アメリカンフットボールX Leagueによるパールボウルトーナメントの開催である。
文教OBではノジマ相模原ライズにDB川崎将太、ハリケーンズにRB高木啓樹と前線で活躍している方も居る。
ブロックは各チーム異なるが、毎年どのチームが勝つか、楽しみの一つでもある。

そんな、パールボウルが盛り上がって居る中、一年生プレーヤー、スタッフも所属パートが決まり、今後の活動が本格化するのが目に見える。
新しく加わった仲間たちはチームを大きくする上で、勝って行く上で大きな力となる。
迫り来る試合に向け、新たな仲間と共に未来のビジョンを見据え、勝利を掴みチームを開拓して行くことが今後の活動で鍵となるだろう。
<文学部日本語日本文学科:鈴木翔太>


「未来に向かってファーストダウン!」
オーディンは、未来を創るフットボールチームです。
来週もオースポZでお会いしましょう!
posted by 週刊オーディンスポーツF編集長 at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。