2016年09月24日

週刊オーディンスポーツZ:Vol.294

■社説

今週も望月が実習のため西澤が担当します。
先日、今村さんが主催で四年生会が行われた。
今村さんと色々なお話をしたり、同期でも話すことができた。

試合を目前にはしているが、多くのことを話すことができたと思う。
正直、この時期に話すことではないと思うことも多く話していた気もする。
でもここで話せたことは良かったなと思い、今村さんにもとても感謝をしています。

これはきっとチームの中でも同じだと思う。いくら一緒に練習していてもわかっていないことがあったり、新たに気づくこともあると思う。

フィールドでも周りの仲間の良いところ悪いところを声かけてあげることや、仲間との声かけを大事にしていくことを意識している。

試合は目前であるからこそ、同じフィールドに立つ仲間と声を掛け合い試合まで準備をしてほしい。

戦い抜くには仲間がいないとできない。
喜ぶ時、ピンチの時も仲間がいる。

仲間や周りの方全員で勝ちをとろう。

※ご意見ご感想はこちら
odin_jimukyoku@yahoo.co.jp


■小さい体に大きな器、望月優斗プレゼンツ「今週の主将賞」

今週の主将賞は望月が実習のため沖村が代筆させていただきます。


今週の副将賞「上田風雅」

風雅は1年生のやせっぽっちのOLです。
夏合宿中に怪我をしてしまい、今はプレーできていません。

最初は悲しい顔をしてサイドに立っていましたが最近は違った風雅を見ることができるようになっていました。
トレーニングをサイドで行ったり、自分から筋トレを誘ってくるようになったのです。

顔も少し明るくなってきました。
アサイメントテストなどで知識をつけようと奮闘しています。
自分も怪我でサイドにいることが多くあったので風雅の辛さややるせなさはよくわかります。
その辛さを乗り越え、成長しようとしている風雅を今週の副将賞とします。

※「一人前のプレイヤーになれるように努力します。」
上田風雅のプロフィールはこちら
http://bu-odin.com/2016newmember.html


■組織力のツープラトンで勝負「ディフェンス・オフェンスリーダーより」

<ディフェンスリーダー:小島隼>

リーグ戦まで2週間となりました。

最近、スカウティングビデオを観ますがスカウティングをすればするほど不安になってきます。
寝る前や帰り道、登校中の自転車など一人になると試合中の自分を想像して緊張してきます。
こんなに緊張するのはやはり試合での失敗が自分だけのものではなくチームのものとして考えるようになったからかもしれません。

去年までは同じフィールドに頼れる先輩がおり、厳しい場面でも、先輩たちが引っ張っていってくれていました。
しかし今年は自分が最上級生になり、試合では良いプレーをして褒められる側ではなく褒めて盛り上げる側として自覚を持ってるプレーをしていきたいと思います。

あと2週間時間は限られてきますが、やれることをやって、後悔のないように練習をして行きたいと思います。


<オフェンスリーダー:天野雅英>

先日の練習では、昨シーズン卒業したQB北原 睦さんとRB山田 賢さんが練習を見に来てくださった。
1年生は知らないが、御二方とも去年のオフェンスを支えていたプレイヤーである。

私はちょっとした北原さんとのキャッチボールで、やはり自分にはない凄さや埋められていない差を感じてしまった。
正直、かなり悔しく思った。今の練習では、他のチームメイトのプレーやシステムそのものを見る事が多かっただけに、自分のスキルに関してあまり目を向けられていなかった。

去年はただただ、先輩QBとの差を埋めることや自分が必要とされる存在になることに一生懸命だった記憶がある。
そんな気持ちを思い出し、少し懐かしく思った。

オフェンスリーダーとして迎える今シーズンは今までで1番難しいシーズンであった。
だが、1年生の頃、ものすごく輝いていた先輩も裏では様々な悩みや不安を抱えてプレーしていたと思うとなんとなく心強く思える。
あまり時間がなくて話はできなかったが、それでも久々に会って、ただプレーを見てもらっているだけで本当に心強かった。

リーグを目前にして、改めて目指すリーダー像を確認できた。
まだまだ、程遠いが少しでも近づいて結果を残せるよう残りの練習も悔いのないものにしたい。


■「笑」顔の奥の鋭い視線、スタッフリーダー田村の「今週のオーディンニュース」

※今週はお休みさせていただきます。


■チーム愛から伝説へ、國兼のリクル&教育

4年DL国兼です。
この1週間でだいぶ涼しくなったように感じる。
夏が終わるに連れてリーグ戦が近づく。

10月2日の試合に向けて、チームは着実にプレーの質を上げている。
3部3勝という必達の目標に向けて練習しているが現在に至るまでこの結果を残した代はない。

では目標を達成するためにどうすれば良いのか。
1つはプレーの質や理解、スピード。2つ目はフィジカル。3つ目はリクルート。

今年のチームに決定的に不足しているものは3つ目のリクルートだ。
リクルーティングリーダーとしてこれは恥ずかしいが受け入れるしかない。
しかし、プレーやフィジカルは毎年向上しているように思える。つまり、去年より条件は良いと言える。。

こんな感じでポジティブにやっていこうと思う。

以上。


■徒然後記

9月19、20日の2日間にかけて、知る人ぞ知る人気ロックバンド「BABYMETAL」が東京ドームでライブを行なった。
観客動員数は11万人。最近のドームのイベントではかなりの動員を記録している。
今や世界から注目のユニットであるが、テーマは「アイドルとメタルの融合」だそうだ。

日本のアイドルはもはや飽和状態にあり、メタルも日本ではサブカルチャーで、両者とも世界に発信できるようなコンテンツではないかもしれない。

しかしながらその二つが融合することでとてつもなく大きな求心力を生み出す。
この辺りが非常に興味深い。

一般的にはまだ知られていないユニットであるが、実は熱狂的なファンが世界中にいる。
これぞマイナーパワーの融合である。

オーディンフットボールも、子供会とアメフトという「融合」がある。
こちらもマイナー同士の融合、マイナーパワーである。
マイナーパワーだからこそ組織や権力や大本営発表のマスコミに左右されない。
一人一人の情熱がもろに発揮されるのである。とても気持ちが良い世界だ。

「BABYMETAL」の三人のダンスは非常にキレがあり、若いうちにしかできないパフォーマンスであろう。
アメフトも、子供時代も今しかない期間限定である。

今年のリーグ戦は今年だけ。
同じものは二度と見られない。

この瞬間を見逃すななのである。

<文学部日本語日本文学科:福田勝之>


「未来に向かってファーストダウン!」
オーディンは、未来を創るフットボールチームです。
来週もオースポZでお会いしましょう!
posted by 週刊オーディンスポーツF編集長 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック