2017年05月27日

週刊オーディンD.C.:Vol.314

■社説

主将沖村が実習のため、実習が少し遅い副将鈴木が社説を書かせていただきます。

多くの四年生が実習でいなくなってきた。平日だと、授業がある人もいるので練習中の人数は本当に限られている。
従兄弟が早稲田大学のアメフト部なのだが、新入生が50人ほど入ったそうで、それはそれで問題もあるそうだ。

たとえ人数が多かろうと、いかに少なかろうと私たちのやることは変わらない。
一日一日が3部優勝に向けた大切であり、一分一秒も無駄にしてはいけない。

グラウンドでは暇な時間、何もしないような時間など無い。試合でもフィールドでも思考を止めてはいけない。

「できることを全力で。」

私の最近のモットーである。全力でやることは下級生や上級生、スタッフやプレイヤーなど、すべて関係無い。

何をやっていいかわからない、どうしたら強くなれるのかわからない、どうしたらチームのために貢献できるのかわからない、そんな人がいたらまずは、背伸びせず、自分のできることを全力で頑張ってみよう。

その先に新たなものが見えるかもしれない。

※ご意見ご感想はこちら
odin_jimukyoku@yahoo.co.jp


■君は君らしく。。沖村亮太プレゼンツ「今週の主将賞」

※主将の沖村が教育実習出張のため、副将の山本が代行です。

今週の副将賞 「星 亮太」

星は3年生のQBです。星は古傷に悩まされ1、2年の時は十分に練習が出来なかった。

しかし、今年の星は一味違う。
QBの先輩、鬼の天野さんの指導についていき今ではいい師弟関係が生まれてるのではないでしょうか。

アフターでは毎日星の姿がみえる。
一人で黙々とフォームを確認したあと、RBとのハンドオフを合わせる。
一番遅くまで残って練習している。
天野さんのように。

オープン戦ではQB星からWR航へのロングパスが通った。
あのプレーではグラウンドにいた選手全員の鳥肌がたったのではないか。
自分の中ではあれがあの試合のNo.1プレーだと思っている。
本当に嬉しかった。

来年、彼がエースQBになるだろう。
同期としてとても誇らしい。
また、早く彼とフルで試合に出て勝利を味わいたい。
そんな願いを私は持っています。

頼もしい同期のQBを今週の副将賞とします。


※ 「一言芳恩」
星 亮太のプロフィールはこちら
http://bu-odin.com/roster-sm.html#66


■組織力のツープラトンで勝負「ディフェンス・オフェンスリーダーより」

鈴木悠太さんが社説を書くという事で、ディフェンス欄を任されましたが、何を書くか非常に難しいです。なので自分の中のディフェンス観を書きたいと思います。

自分は毎試合KCから始まる事を望んでいます。
それはディフェンスから始まるからです。オフェンスは点を取ることが目的でありますが、ディフェンスは自分の中では、最初のシリーズで3rddownoutをさせる事が目的だと思っています。

もちろん、点を取る機会より三回で相手の攻撃を終わらせることの方が多いです。
なのでディフェンスで相手の流れを切ってからオフェンスに回したいといつも思っています。

そしてもう1つは、モメンタムを掴むのはディフェンスだと思っています。
アメフトというのはオフェンス有利なスポーツでありますから、それを打ち破る、インターセプト、ファンブルリカバー、QBサックなど様々な方法でモメンタムをこちらに引き寄せる必要があります。
それはいわばイレギュラーな訳でそれをディフェンスでさえも想定していないわけです。
だからこそモメンタムを掴むことができると思います。

今回は上手くまとまりませんでしたが、来週からは良いまとまりのある文章を書けるようにしますので、来週号も是非よろしくお願いします。

<ディフェンスリーダー代行:岩立圭市>


#4天野さんが教育実習中のため今週代筆させていただきます、3年の星です。
小学校時代は吹奏楽部、中学高校は野球部に所属しておりましたが絶望的な弱肩と類い稀な運動能力の低さで補欠として終幕しました。今となっては部活というものになにか不完全燃焼感というかそーゆーものがあったのかなと思っております。
日々自分に対してしょーもなさすぎて呆れたりもしますがフリーターのような頃から比べれば今はまだ目的を持ちながら何かをやれるというのは恵まれているなと感じながら今日も過ごしています。

さて、常々感じることですが、このチームにいると新しいことによく遭遇します。それは学生主体というこのチームの特徴からでしょうか。私自身、これまで所属していたチームでは指導者やコーチ陣から言われたことをやり、その運営だとかお金のことだとかは考えたことがありませんでした。活動も主力組とそうでない組で別れてたりしてたので全員でこんなに話したりするようなことも意見を出し合うようなこともなかったような気がします。しかしこのチームでは違います。練習から事務的なことも運営もなんでもあくまで自分たちが主体となって取り組んでいかなくてはなりません。その分難しさや嫌なこともあるかもしれませんが、だからこそ一人一人考えを持ち、発信したりすることができ、はじめましてのことによく出会えたりもできるチームだと思ったりもしています。

オフェンスとは関係ない話になりましたが、とりあえず今回はこのへんで。これからよろしくお願いします!

<オフェンスリーダー代行:星亮太>


■実はチャレンジャー、青森美咲の「今週のオーディンニュース」

担当の青森が取材出張につきしばらくお休みさせていただきます。

■オーディンの希望の一番星、山本一星のリクル&教育ブログ

はじめまして。
4年生が実習のため、2年小野が代筆させていただきます。

勧誘期が終わり早1ヶ月です。1年生のみんなには私たち文教アメフト部がどのように見えているのでしょうか。
この1ヶ月で1年生は部活でたくさんの経験をしたと思います。その中で勧誘期には見られなかった私たちの一面がたくさん見えてきたと思います。良くも悪くもその姿が文教アメフト部「Odin」です。
そんな私達を見て入部を決めてくれた1年生にはこれからも「この人たちと一緒に過ごしたい」と思ってもらえるような姿を率先して見せていきたいです。

最近の1年生の様子ですが、グラウンドに遅くまで残りアフターに取り組んでいます。スタッフのみんなもアフターでプレイヤーに協力しようと遅くまでグラウンドに残ってくれています。本当に毎日楽しそうにしていますので、これからも悔いのない日々を過ごしてくれるよう、フレッシュなパワーに負けず1年生と共に頑張っていきます。


■徒然後記

テニスのマドリード・オープンの男子シングルス準決勝が13日に行われ、世界ランキング5位のラファエル・ナダルが、同2位のノバク・ジョコビッチに3年ぶりに勝利しました。左拳を突き上げて雄叫びを上げたナダルは「ノバクのような相手を倒すのは凄く自信になる」と語りました。
すでにモンテカルロ・マスターズ、バルセロナ・オープンを制しているナダルは「大事なのはタイトル。誰を倒したかじゃない」とコメント。一方、敗れたジョコビッチは「自分は最高の状態ではなかったが、ナダルのレベルはとても高かった」と完敗を認めました。

私はこの記事を読んで、大切な事は格上を倒して勝ち取ったタイトルだと思いました。また、敗れたジョコビッチも最高の状態ではなかったが、言い訳をするのではなく、相手を素直にレベルが高かったと讃える姿がとても印象的でした。これは今シーズン目標としている「三部優勝」にも言えると思います。たとえ強い相手でも諦めずに最後まで戦い抜き、全てを制した者が「三部優勝」というタイトルを手にする事が出来ます。なので、格上でも臆すること無く、全力で戦い抜いた者に勝利の女神は微笑んでくれるのではないかと思いました。

<文学部日本語日本文学科卒:上田風雅>


「明日に向かってファーストダウン!」
オーディンは、未来を創るフットボールチームです。
来週も週刊オーディンD.C.でお会いしましょう!
posted by 週刊オーディンスポーツF編集長 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック